メインメニューを開く

五ッ海 義男(いつつうみ よしお、1922年11月1日 - 2008年8月29日)は、長崎県南松浦郡奈良尾村(現:同郡新上五島町)出身で、1940年代後半に活躍した大相撲力士である。本名は松竹 義雄(まつたけ よしお)。

五ッ海 義男 Sumo pictogram.svg
Itsutsuumi Scan10051.JPG
基礎情報
四股名 五ッ海 義男
本名 松竹 義雄
生年月日 1922年11月1日
没年月日 (2008-08-29) 2008年8月29日(85歳没)
出身 長崎県南松浦郡奈良尾村(現:南松浦郡新上五島町
身長 176cm
体重 85kg
BMI 27.44
所属部屋 出羽海部屋
得意技 右四つ、下手投げ、掬い投げ
成績
現在の番付 引退
最高位小結
生涯戦歴 125勝104敗30休(24場所)
幕内戦歴 69勝82敗30休(15場所)
技能賞1回
データ
初土俵 1940年1月場所
入幕 1944年5月場所
引退 1950年9月場所
備考
2014年3月5日現在

目次

来歴編集

1922年11月1日長崎県南松浦郡奈良尾村(現:同郡新上五島町)で生まれた。同郷の遠縁に大関まで昇進した五ツ嶋奈良男がいた[1]ため、その縁で出羽海部屋へ入門、1940年1月場所にて本名でもある「松竹」の四股名初土俵を踏んだ。後に、五ツ嶋に因んだ「五ッ海義男」に改名。序ノ口に付いて以来負け越し知らずのままで1943年5月場所で新十両昇進、1944年5月場所では新入幕を果たすなど、昇進が早かった。

小兵・軽量だが抜群の運動神経で、スピードのある突っ張りから右を差してから強烈な掬い投げ下手投げを繰り出す俊敏・技能的な取り口は、端正な容姿と共に人気が高かった[1]。それでも戦中・戦後の混乱期かつ復興の真っ只中で興行日数も少ない時期だったため、序盤や中盤に4連勝~7連勝しても評判にはならなかった。それでも新入幕の場所では8勝2敗で大きく勝ち越し1945年11月場所では大関・佐賀ノ花勝巳切り返しで破る殊勲の星を挙げるなど、上位に対しても十分通用するほどの力量を身に付けた。

その後は幕内上位から中位に留まっており、1949年5月場所では11勝4敗と好成績を収めて技能賞を獲得、次の場所では初めて小結に昇進した。だが、内臓疾患を患ったことでこの場所では1勝14敗と惨敗したほか、翌場所(1950年1月場所)も1勝14敗と不本意な成績に終わり、1950年5月場所と9月場所を連続で全休したのを最後に現役を引退した。まだ27歳だっただけに惜しまれた。

引退後は日本相撲協会に残らず廃業し、東京都港区で相撲料理店を経営したほか、郷里・長崎で下宿屋を営んだ。

2008年8月29日肺炎のため死去、85歳没。

主な成績・記録編集

  • 通算成績:125勝104敗30休 勝率.546
  • 幕内成績:69勝82敗30休 勝率.457 
  • 現役在位:24場所
  • 幕内在位:15場所
  • 三役在位:1場所(小結1場所)
  • 三賞:1回
    • 技能賞:1回(1949年5月場所)

その他の記録編集

  • 幕内最多連敗:21連敗(1949年10月場所4日目 - 1950年1月場所10日目) ※2016年1月場所現在でも最多記録[1]

場所別成績編集

五ッ海 義男
春場所 夏場所 秋場所
1940年
(昭和15年)
(前相撲) 東序ノ口15枚目
6–2 
x
1941年
(昭和16年)
西序二段44枚目
8–0 
東三段目17枚目
7–1 
x
1942年
(昭和17年)
西幕下28枚目
5–3 
西幕下14枚目
5–3 
x
1943年
(昭和18年)
西幕下5枚目
6–2 
西十両10枚目
10–5 
x
1944年
(昭和19年)
西十両2枚目
9–6 
西前頭16枚目
8–2 
西前頭7枚目
6–4 
1945年
(昭和20年)
x 東前頭2枚目
3–4 
東前頭4枚目
6–4 
1946年
(昭和21年)
x x 東前頭2枚目
7–6 
1947年
(昭和22年)
x 西前頭筆頭
1–9 
西前頭7枚目
6–5 
1948年
(昭和23年)
x 東前頭5枚目
5–6 
東前頭10枚目
7–4 
1949年
(昭和24年)
西前頭6枚目
7–6 
東前頭6枚目
11–4
東小結
1–14 
1950年
(昭和25年)
東前頭7枚目
1–14 
西前頭15枚目
休場
0–0–15
西前頭21枚目
引退
0–0–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p26