五井蘭洲(ごい らんしゅう、元禄10年4月8日1697年5月27日) - 宝暦12年3月17日1762年4月11日))は江戸時代中期の儒学者国学者五井持軒の子。名は純禎、字は子祥、通称は藤九郎、号は蘭洲のほか、冽庵、梅塢。本姓は藤原氏

生涯編集

元禄10年(1697年)4月8日、儒学者五井持軒と妻香川氏との三男として大坂に生まれた。家が貧困のため、幼くして摂津国尼崎城下の遠戚に預けられ、藩主青山幸秀信濃国飯山藩転封に伴い飯山城下に移った。

正徳3年(1713年)大坂に帰る。享保9年(1724年)の享保の大火中風の母と共に焼け出され、平野の旅宿井筒屋佐平方に身を寄せた。困窮の中、享保11年(1726年)中井甃庵に招かれて懐徳堂助教に就任、10月5日に開講した。

享保12年(1727年)初夏、三輪執斎を頼って江戸に下り、下谷和泉橋の明倫堂で講義を行った。享保16年(1732年)陸奥国弘前藩伊予国大洲藩から士官の誘いがあり、翌年3月3日弘前藩御手廻格30人扶持となった。主に江戸屋敷で儒学を教え、国元は藩主津軽信著に従い2度訪れたが、学問の振るわぬ土地柄を厭い、元文5年(1740年)5月11日病を理由に禄を辞した。

帰坂後上町に住居を構えて懐徳堂助教に復帰、病中の学主中井甃庵を助け勢力的に講義を行った。寛保3年(1743年)9月に懐徳堂右塾に移住した。宝暦8年(1758年)、第2代学主中井甃庵が死去した際には、年齢や外聞を考慮し役職には就かなかった。

宝暦9年(1759年)5月28日、母、姉に続いて中風に罹り、講義を行えなくなった。中井履軒を伴い有馬温泉湯治を行うも効なく、宝暦12年(1762年)死去。辞世は「死なん命惜しからぬ身も親と云へば子の無けくらん事ぞ悲しき」。代々の墓所天満九品寺は手狭のため、上本町筋八丁目寺町(大阪市天王寺区上本町四丁目)実相寺に葬られた。

主な著作編集

  • 『刪正日本書紀』 - 『日本書紀』の和習を添削する。
  • 『非伊篇』 - 伊藤仁斎を批判する。
  • 『非費篇』
  • 『承聖篇』 - 仏教を批判する。
  • 『読史訪議』
  • 『万葉集詁』 - 『万葉集』注釈書。
  • 『古今通』 - 『古今和歌集』注釈書。
  • 『勢語通』 - 『伊勢物語』注釈書。
  • 『源語詁』 - 『源氏物語』注釈書。
  • 『源語提要』 - 『源氏物語』概説書。
  • 『蘭洲先生茗話』
  • 『和歌新題百首』
  • 『喩叢』
  • 『駁太宰春台四十六士論』 - 赤穂浪士を批判する太宰春台『赤穂四十六士論』を論駁する。
  • 『非物篇』 - 物徂徠(荻生徂徠)を批判する。
  • 『鶏肋篇』
  • 『質疑篇』
  • 『瑣語』
  • 『左伝蓄疑』
  • 『爾雅翼』 - 『爾雅』注釈書。
  • 『冽庵日纂』
  • 『蘭洲遺稿』

家族編集

家系は遠く藤原魚名に遡り、十世孫守貞の弟守康より代々大和国五井戸(奈良県香芝市五位堂)、中谷、辰巳(不明)を所領としてきたが、永禄の変が起こると五井戸に逃れ、そのまま定着した。曽祖父守香の代に大坂に移住したという。

  • 父:五井持軒(寛永18年(1641年)2月22日 - 享保6年(1721年)閏7月18日)
  • 母:香川氏(? - 享保9年(1724年)3月29日)
    • 長兄:五井孫太郎 - 夭折
    • 次兄:五井桐陰 - 名は純実。通称は内記、権蔵。砲術を学び、鷹司家に使え、江戸御先手組鉄砲与力となる。
    • 姉 - 水谷氏に嫁ぐ。
    • 女子:せつ(? - 安永9年(1780年)12月29日) - 蘭洲発病後は中井竹山養妹となり、旗本永井伊予守尚伴大坂留守居役長島宗助恭寅廉斎に嫁ぐ。

参考文献編集

関連項目編集