井本 常作[1](いもと じょうさ / つねさく[2]1880年明治13年)4月18日[3] - 1969年昭和44年)6月1日[2])は、日本弁護士[1][4][5]政治家衆議院議員[6]。司法参与官[6]

井本常作

経歴編集

群馬県多野郡神流村(現在の藤岡市)出身[3]。井本孫市の二男[5][7]1902年(明治35年)、明治法律学校(現在の明治大学)を卒業[3][4]判事検事登用試験に合格し、司法官試補となった[3]。官を辞して卜部喜太郎の事務所に入り、在野法曹界の人となって実務の練習に努めた[1]1908年(明治41年)、弁護士を開業した[3]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。立憲民政党に所属[6]。3回連続当選を果たし、濱口内閣司法参与官を務めた。

その他には日本印刷、帝国電気工業各監査役[6]、日東印刷取締役[5][7]東洋女子歯科医学専門学校理事[6]、東京大勢新聞社長、第一東京弁護士会副会長[7]、同会長などを務めた。

1948年(昭和23年)、群馬県知事選挙日本社会党から立候補したが、落選した[8]

人物編集

田中四郎左衛門の債務整理のために日比谷松本楼上で債権者と会議していた際、数名の暴漢に襲われて乱打を受け、昏倒した事があった[9]

また、友人の三木武吉憲政会の幹事長だったことで、誘われて選挙に出馬した[9]

井本の人柄は『日本弁護士総覧 第2巻』には「資性剛健にして不抜、然も亦淡泊にして細事に拘泥せず、蓋し大丈夫の概あるもの」とある[1]。趣味は読書[5][7]。宗教は禅宗[5][7]。住所は東京都文京区湯島天神町[5]

家族・親族編集

井本家

脚注編集

  1. ^ a b c d 『日本弁護士総覧 第2巻』井本常作君(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月27日閲覧。
  2. ^ a b 『衆議院議員名鑑』。
  3. ^ a b c d e 『大衆人事録 第3版』イ27頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月18日閲覧。
  4. ^ a b 『明治大学校友会員名簿』6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『人事興信録 第15版 上』イ12頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年5月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第13版 上』イ37頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月12日閲覧。
  8. ^ 群馬県知事選挙、群馬県知事選挙の結果一覧群馬県公式サイト。2020年2月27日閲覧。
  9. ^ a b 『新代議士名鑑』82頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月18日閲覧。

参考文献編集

  • 田島義方編『明治大学校友会員名簿』明治大学校友会、1908年。
  • 浅田好三編『日本弁護士総覧 第2巻』東京法曹会、1911年。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。