メインメニューを開く

亜烈進卿(あれつしんけい/あれつしんきょう[1])は、応永15年(1408年)に若狭国小浜に到着した「南蕃船」を派遣した人物。この船は、文献記録の上で初めて日本に生きたをもたらした。

この人物は、スマトラ島パレンバン華僑の頭目であった施進卿と考えられている。

記録編集

応永15年の南蕃船編集

「亜烈進卿」の名は、「若狭国税所今富名領主代々次第」において小浜に「南蕃船」が到着したという記録の中に登場する[2]。当時の日本人は「南蛮(南蕃)」を漠然と中国・朝鮮以外の国と認識していた[3]

応永十五年六月二十二日南蕃船着岸、帝王の御名亜烈進卿、蕃使使臣問丸本阿、彼帝より日本の国王への進物等、生象一疋、山馬一隻、孔雀二対、鸚鵡二対、其外色々、彼船同十一月十八日大風に中湊浜へ打上られて破損の間、同十六年に船新造、同十月一日出浜ありて渡唐了 — 若狭国税所今富名領主代々次第[2][4]

応永15年6月22日ユリウス暦1408年7月15日)に小浜に南蕃船が着岸した。この船を派遣したのは「亜烈進卿」という名の「帝王」である。この船に乗っていた使節は、問丸の本阿弥を宿所とした。「亜烈進卿」から「日本国王」への進物として、生きた黒い象や、孔雀などを含む動物などをもたらした。

江戸時代前期に成立[5]した『若狭郡県志』には[2]、この使節は象などを連れて京に上り、将軍足利義持に献上したという。7月に使節が入京したことについては『東寺王代記』『武家年代記』『和漢合符』に記録がある[6]

『若狭郡県志』によれば、使命を終えた使節は11月になって小浜から出港した。しかし、上述「若狭国税所今富名領主代々次第」にもあるように、11月18日にこの船は中湊浜に嵐に遭って打ち上げられた。彼らは翌応永16年に船を新造して「渡唐」した。

応永19年の南蕃船編集

「若狭国税所今富名領主代々次第」には、上記の「応永15年の南蕃船」の記述に続いて応永19年(1412年)にも「南蕃船」が到着した旨が記されている[2]

同十九年六月二十一日南蕃船二艘着岸これ有り、宿は問丸本阿弥、同八月二十九日当津出了、御所進物注文これ有り — 若狭国税所今富名領主代々次第

この南蕃船の送主は不明であるが、亜烈進卿である可能性がある[2]

「亜烈進卿」について編集

施進卿編集

 
パレンパンの位置

「亜烈進卿」はスマトラ島(現在のインドネシア)にあったパレンバン(当時は「旧港」と呼ばれた)の華僑の頭目で、明王朝から旧港宣慰使中国語版に任命されていた施進卿と考えられる[注釈 1][2]

小浜に「南蕃船」が到着する前年の1407年、パレンパンでは華僑の有力者間の対立に南海遠征中の鄭和が介入し、一方の陳祖義中国語版を破って処刑する紛争が発生している (Battle of Palembang (1407)。施進卿はもう一方の有力者である梁道明中国語版の後継者で、旧港宣慰使に任命されたのもこの紛争の処理のためである。

小浜に来航した使節の派遣主体は、パレンパンの華僑勢力という見解があるが[注釈 2]、当時パレンパンは爪哇国(マジャパヒト王国)に半属していたとして爪哇国の使節という見解もある[注釈 3]

『福井県史』(担当執筆者は小葉田淳)は、「亜烈」は『元史』にみえる「阿里」(ウイグル語で「大」を意味する語)と同様、アラビア語のAliに相当する語と説明している[2]。和田久徳は「亜烈」はジャワ系の称号であるとしている[注釈 4]

異説編集

なお、『日本イスラーム史』の著者小村不二男は、「亜烈進卿」の名を「アラジン卿」と読むとし、マレーシア系の首長としている[8]

当時の東南アジアと日本・朝鮮の通交について編集

時系列
1393年 陳彦祥、暹羅解国使節として朝鮮に到来
陳彦祥は朝鮮から日本に向かうも果たせず
1406年 陳彦祥、爪哇国使節として朝鮮に到来
1407年 施進卿、旧港宣慰使となる
1408年 亜烈進卿派遣の南蕃船、小浜に到来
1409年 亜烈進卿の使節、新造船で小浜を出港し「渡唐」
1411年 足利義持、象を朝鮮に贈る
1412年 小浜に第二の南蕃船到来
陳彦祥の孫、朝鮮に到来
1416年 この頃、施進卿死去
1419年 施済孫派遣とみられる南蛮船、南九州に到来
1420年 南蛮船、博多に回航。その後破船
1421年 施済孫(智孫)の使者、日本から琉球に送られる
使者は暹羅派遣船に便乗し帰国

東南アジアの諸勢力は、日本や琉球・朝鮮にしばしば船を派遣した[2]。これらの海域は倭寇の活動領域でもあった。

1406年、爪哇国の使節の陳彦祥は朝鮮に派遣される途中、全羅道沖で倭寇に襲撃されて献上品を奪われた[4]。その後、宗貞茂から朝鮮王朝にそれらの品が献上され、南蛮船から掠取した旨を申告した[4]。朝鮮では検討の結果、胡椒や孔雀などを献上品として受け入れるとともに、陳彦祥には新しい船を与えて帰国させることとした[4]。陳彦祥は翌年の来朝を約束した[4]。1412年、陳彦祥の孫が朝鮮に来朝したが、この際に朝鮮に向かった使節が日本に行ってしまった旨を説明した[9]。秋山謙蔵は、1408年に小浜に到来した使節を爪哇国からの使節として、使節を陳彦祥と見なしている[7]

なお、陳彦祥はこれ以前、1393年に暹羅解国(シャム・アユタヤ王朝)の使節(副使)として朝鮮に到来していた[7]。この時陳彦祥は朝鮮回礼使裵厚とともに日本に向かったが倭寇に襲われて果たせなかったといい、シャムが日本との通交を期待していたという見解がある[7]

施進卿は1416年(永楽14年/応永23年)頃に死去したと見られ[2]、その後を施済孫が継いだ[2]。1419年(応永26年)、施済孫が派遣したと思われる使節が南九州(阿多氏領内とみられる)に到来している[2]九州探題渋川満頼(道鎮)・義俊父子は南蛮船の博多回航を促し、翌1420年(応永27年)に南蛮船は博多に入港した[2]。室町幕府は兵庫に来航するよう指示したが、これが果たされたかは不明である[2]。わかっていることは、かれらは帰国前に船を失ってしまったことである[2]。琉球の外交史料『歴代宝案』によれば、1421年(応永28年)に渋川道鎮はパレンバンの「施主烈智孫」(「主烈」はサンスクリットのSri、智孫は済孫と音通[2])が派遣した使者を琉球に送り、琉球からパレンバンに帰国させるよう依頼した[2]。しかし、当時は琉球とパレンバンの間に国交がなかったため、琉球から暹羅に派遣する船に載せて、暹羅から転送するよう措置が取られた[2]

象とその後編集

亜烈進卿の使節は、日本に象をもたらした。象についての知識は仏典などを通じてそれまでも知られていたが、生きた象が到来したのはこれが初めてとされる[4]

東寺王代記』応永12年7月22日条には「黒鳥自唐引進、高六尺余」と象らしき動物の入京が記載されている[4]。ただし、足利義持が象と面会したという記録や、象の評判についての他の記録は残っていない[4]

1411年(応永18年/太宗11年)、足利義持は朝鮮の太宗に象を贈った。『朝鮮王朝実録』によれば、朝鮮でも生きた象は初めて見るものであった[10]

日本国王源義持、遣使献象、象我国未曾有也、命司僕養之、日費豆四、五斗 — 『朝鮮王朝実録』太宗十一年二月癸丑条

よく馴れた象であったとされ、司僕寺(馬などの動物の飼育に携わる官署[11])で世話を任されることになった。しかし、1412年(太宗12年)12月、前工曹典書の李瑀という人物が象を見た際、形相が醜悪であるとして唾を吐きかけたところ、象が李瑀を踏み殺すという事件を起こす[10]。その後もう一人に危害を与えたらしく、1413年(太宗13年)11月、兵曹判書柳廷顕朝鮮語版は「王はすでに愛玩していない」「二人を害した。殺人は人間の法ならば死罪相当である」「一年間に食した豆は数百石にも上る」として象の処分を王に進言した。しかし、象は日本国王からの贈呈品であるということで殺すわけにいかず、全羅道の島(順天府獐島[注釈 5])に流刑に処せられた[12]

当時の人々は象は水草を食べて生きられると考えていたようであるが、半年が過ぎた翌1414年(太宗14年)5月、全羅道観察使から「象が水草を食べず、日ごとにやせ衰えており、見る者の涙を誘っている」という報告が届けられた。太宗は象を憐れみ、象を本土に戻してもとのように飼育するよう命じた[9]。この象についての記録はこれが最後である[9]

小浜市と象編集

小浜市は「初めてゾウが来たまち小浜」としてPR活動を行っている[1]。2001年(平成13年)4月1日制定の小浜市民憲章では「日本で初めて象が来たまち」と謳っており[1][13]小浜市役所1階の市民ホールには南蛮屏風ふうに作画された「初めてゾウが来た港の図」が展示されている[1]

中世の小浜にはいくつかの湊があり、象の上陸地点についてははっきりしない[1]。古い時期の湊のひとつとして、内外海半島の付け根に当たる古津(現在の小浜市阿納尻)があるが[1]、その隣の甲ヶ崎地区に「象つなぎ岩」と呼ばれる岩がある[1][14]。この「象つなぎ岩」は亜烈進卿の象と結びつけて紹介されており、甲ヶ崎あるいは古津に上陸した象をつないだとされている。小浜市では市内各所に「ゆかりの偉人」を紹介する看板を設置しているが、象つなぎ岩の傍らに「亜烈進卿」(施進卿)を紹介する看板が建てられている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 小葉田淳「旧港及び其の日琉両国との交渉について」『中世南島通交貿易史の研究』第三編第二章(刀江書院、1968年)[7]
  2. ^ 國原の整理[7]によれば、小葉田淳、和田久徳(「十五世紀初頭のスマトラにおける華僑社会」『お茶の水女子大学人文科学紀要』第20巻、1967年)がこの立場をとる。
  3. ^ 國原の整理[7]によれば、秋山謙蔵(「爪哇船の渡来と象の伝来」『日支交渉史話』内外書籍、1935年)がこの立場をとる。
  4. ^ 國原が引く和田久徳「十五世紀初頭のスマトラにおける華僑社会」『お茶の水女子大学人文科学紀要』第20巻、1967年
  5. ^ 現在の大韓民国全羅南道宝城郡筏橋邑朝鮮語版獐島里。順天湾朝鮮語版内にある島。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 1408 年、日本で初めてゾウが上陸したのがここ小浜。今年は600周年の記念の年 (pdf)”. 広報おばま 平成20年6月号. 小浜市. 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 若狭来航の南蛮船”. 『福井県史』第五章 中世後期の経済と都市/第二節 日本海海運と湊町/五 外国船の来航と対外関係. 2019年6月18日閲覧。
  3. ^ 國原美佐子 2001, p. 137.
  4. ^ a b c d e f g h 國原美佐子 2001, p. 130.
  5. ^ 「若狭郡県志」牧田近俊著 が著作・刊行された時期はいつか。”. レファレンス協同データベース. 2019年6月18日閲覧。
  6. ^ 応永年間の南蛮船の小浜来航について書かれた資料をみたい。”. レファレンス協同データベース. 2019年6月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 國原美佐子 2001, p. 139.
  8. ^ 小村不二男. “第三章 室町時代”. 日本イスラーム史. 2019年6月18日閲覧。
  9. ^ a b c 國原美佐子 2001, p. 132.
  10. ^ a b 國原美佐子 2001, p. 131.
  11. ^ 國原美佐子 2001, p. 127.
  12. ^ 國原美佐子 2001, pp. 131-132.
  13. ^ 小浜市の概要 (pdf)”. 小浜市. 2019年8月19日閲覧。
  14. ^ 沖の石・象つなぎ岩”. 小浜市. 2019年8月19日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集