京都マルイ(きょうとマルイ、KYOTO MARUI)は、かつて京都市下京区に存在した丸井の店舗。62のブランドが並んでいた。

京都マルイ
Kyoto Marui.JPG
京都マルイ
地図
店舗概要
所在地 600-8510
京都府京都市下京区四条通河原町東入真町68番地
座標 北緯35度0分12.5秒 東経135度46分11.2秒 / 北緯35.003472度 東経135.769778度 / 35.003472; 135.769778座標: 北緯35度0分12.5秒 東経135度46分11.2秒 / 北緯35.003472度 東経135.769778度 / 35.003472; 135.769778
開業日 2011年4月27日
閉業日 2020年4月7日(休業)
2020年5月12日(閉店)[1]
商業施設面積 約8,700m²
店舗数 62店
営業時間 10:30 - 20:30
最寄駅 京都河原町駅
外部リンク 公式サイト
OIOI KYOTO MARUI
テンプレートを表示
京都住友ビル
情報
用途 店舗
建築主 住友不動産
構造形式 鉄骨造
階数 地上8階・地下1階
竣工 1976年
座標 北緯35度0分12.5秒 東経135度46分11.2秒 / 北緯35.003472度 東経135.769778度 / 35.003472; 135.769778
テンプレートを表示

概要編集

神戸マルイなんばマルイに次ぐ、近畿地区で3店舗目のマルイとして、2011年4月27日にオープンした。丸井の24店目となる。

京都住友ビルディング(住友不動産京都ビル)の地下1階 - 6階に入居している。なお同ビル7・8階にはレストラン街があり、当初は阪急商業開発が運営する「モザイクダイニング四条河原町」が入居していたが、2017年7月12日からは住友不動産が運営する「FOOD HALL」に転換した(2020年5月の京都マルイ閉店後も継続されている)。

阪急阪神百貨店が展開していた四条河原町阪急2010年8月22日に撤退するのを受けて、同年8月10日には正式に跡地への出店を表明。その後「お店づくり企画会議」を100回に亘り開催し、外観やサービスなど店舗づくり全般について、地元や丸井側との議論を重ねられた。

外観は、京都のイメージを考慮して、木目の格子をイメージした薄茶色となっている。また、四条河原町阪急の象徴だったビル1階正面入口に掲げられている「世界地図」は、マルイになっても残された。

すぐ横に髙島屋京都店がある他、2019年12月には京阪グループの大型複合商業施設「GOOD NATURE STATION」が河原町にオープンするなど、営業活動を継続するのに厳しい環境にあったため[2][3]2020年5月末に住友不動産との契約満了に伴い閉店する予定[2]だったが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、同年4月8日に臨時休業し、そのまま前倒しする形で5月12日に閉店した[1]

周辺商業施設編集

注釈編集

関連項目編集