京都医療技術短期大学

京都医療技術短期大学(きょうといりょうぎじゅつたんきだいがく、英語: Kyoto College of Medical Technology)は、京都府南丹市園部町小山東町今北1-3に本部を置いていた日本私立大学である。1989年に設置され、2011年に廃止された。大学の略称は医短。現在は京都医療科学大学となっている。

京都医療技術短期大学
大学設置 1989年
創立 1927年
廃止 2011年
学校種別 私立
設置者 学校法人島津学園
本部所在地 京都府南丹市園部町小山東町今北1-3
学部 診療放射線技術学科
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

  • 京都医療技術短期大学は、学校法人島津学園により運営されていた日本私立短期大学。短大の設立は1989年と至って新しいが、起源となっているレントゲン技術講習所から数えれば、80年以上の歴史があった。そのため、設置学科も診療放射線技術学科のみとなっていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 京都医療技術短期大学における建学の精神は「品性、技術ともに優れた技術者を養成して、医療技術の発展に応え、人類の健康と福祉の向上に寄与する」となっていた。これは、創始者である島津源蔵によりうたわれたものとなっている。

教育および研究編集

学風および特色編集

  • 京都医療技術短期大学の経営母体は「島津学園」であることから、当短大は島津製作所との関連が深かった。

沿革編集

  • 1927年 島津レントゲン技術講習所を設置。
  • 1935年 レントゲン技術専修学校に改組。
  • 1970年 京都放射線技術専門学校に改組。
  • 1983年 京都医療技術専門学校に改称。
  • 1989年 京都医療技術専門学校を発展改組して京都医療技術短期大学診療放射線技術学科を設置する(学生数85、うち女子8[2])。
  • 2006年 学生募集が最終となる。
  • 2009年 事実上の廃止となる。
  • 2011年 廃止認可される[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 京都府南丹市園部町小山東町今北1-3

交通アクセス編集

象徴編集

  • 京都医療技術短期大学のカレッジマークは、広げた翼をモチーフにしたものとなっていた。これは、医療技術者を学ぶものとして、柔軟な思考(頭)と豊かな品性(心)を養い、翼を拡げて明日へ羽ばたく向上心を培うことを意味するものとなっていた[1]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 診療放射線技術学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

大学関係者と組織編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 2000年度入学案内小冊子より。
  2. ^ 1990年度版『全国学校総覧』70頁より。
  3. ^ 平成23年度廃止大学等一覧 (PDF) - 文部科学省、2021年12月31日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集