メインメニューを開く

人生劇場 飛車角と吉良常

人生劇場 飛車角と吉良常』は、1968年10月25日に公開された日本映画。製作は東映東京撮影所。監督は内田吐夢。原作は、尾崎士郎の『人生劇場』「残侠編」。東映ヤクザ映画の原点である1963年沢島忠監督『人生劇場 飛車角』のリメイク[2]。1968年キネマ旬報年間ベストテンの第9位に入った。これは任侠映画としては初めてのこと。配給収入は1億5848万円[1]

人生劇場 飛車角と吉良常
監督 内田吐夢
脚本 棚田吾郎
原作 尾崎士郎
出演者 鶴田浩二
若山富三郎
藤純子
松方弘樹
左幸子
辰巳柳太郎
高倉健
音楽 佐藤勝
撮影 仲沢半次郎
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 1968年10月25日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億5848万円[1]
テンプレートを表示

概要編集

内田吐夢1936年日活で『人生劇場』を製作しており、『人生劇場』二度目の映画化であるが、日活版は「青春篇」で、任侠映画ではないため、本作が内田唯一の任侠映画となる。『人生劇場 飛車角』を観たとき、血が騒ぐのを感じたという俊藤浩滋プロデューサーが[3]、前々から一度仕事をしてみたいと思っていたこと、『人生劇場 飛車角』とはまた違う面白いものを撮ってくれるだろうという確信から内田に監督オファーを出した[2]。内田は『飢餓海峡』を挟んで撮影していた『宮本武蔵シリーズ』全5部作の最終作『宮本武蔵 巌流島の決斗』を最後に東映との契約が切れ[4]、その後、各社から多くの監督オファーがあったが全て陽の目を見ず[4]、東映からのオファーを受けざるを得なかった[4]。「ぼくはリバイバルはやりません」と話していた内田が「青春篇」と「残侠編」の違いはあるにせよ、同じ人物が登場する題材を手掛けなければならない苦しさがあった[4]。かつての「青春篇」では自分の姿を青成瓢吉に投影させたが、本作では辰巳柳太郎扮する老侠客に自己を重ね合わせている[4]

スタッフ編集

出演編集

興行編集

この年9月に一映画会社の社長に匹敵する権限を持つ[5]東映映画本部長に就任した岡田茂[5][6]、進退を懸けて、大人入場料をそれまでの450円を500円にする値上げを断行[6]。他社も追随したが[6]、この値上げ効果により[6]、配給収入1億5848万円を記録した[1]。値上げの罪滅ぼしとして12月1日映画の日入場料を半額にしようという案が映連内で初めて上がり、五社は賛成したが、洋画系配給会社と全興連の下の興行者側が反対し、この年は実現できなかった[6]

同時上映編集

夜の歌謡シリーズ 命かれても

脚注編集

  1. ^ a b c 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)250頁
  2. ^ a b 任侠映画伝 1999, pp. 202–208.
  3. ^ 任侠映画伝 1999, p. 67.
  4. ^ a b c d e 鈴木尚之『私説内田吐夢伝』岩波書店、366-36 7。ISBN 978-4-00-000177-9
  5. ^ a b 「大川博インタビュー」『キネマ旬報』1968年12月上旬号、キネマ旬報社、 38-41頁。
  6. ^ a b c d e 井沢淳・高橋英一・島畑圭作・キネマ旬報編集部「トピックジャーナル 東映を皮切りに入場料値上げ」『キネマ旬報』1968年12月上旬号、キネマ旬報社、 24-25頁。

参考文献編集

外部リンク編集