メインメニューを開く

鈴木 尚之(すずき なおゆき、1929年10月5日 - 2005年11月26日)は、日本脚本家岐阜県高山市(旧・吉城郡国府村大字広瀬)出身[1][2][3]

すずき なおゆき
鈴木 尚之
生年月日 (1929-10-05) 1929年10月5日
没年月日 (2005-11-26) 2005年11月26日(76歳没)
出生地 岐阜県吉城郡国府町
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 脚本家
テンプレートを表示

目次

人物編集

岐阜県高山市出身。父親は警察官[1]、岐阜県内で転校を繰り返し[2]、父は退官時は高山署署長であった[3]。旧制岐阜二中(現・岐阜県立加納高等学校岐阜県立加納高等学校)の二学年下に篠田正浩がいたが[1][3]、在学中に面識はない[3]。同中学から日本大学藝術学部に進み、大学卒業後、1954年東映に入社[3]。同期に東映京都撮影所に配属された高岩淡[2]東映東京撮影所助監督となるが、同スタジオの埃が原因で[2][3]気管支炎を患い、一番仲良しだった深作欣二は引き留めてくれたが[3]、やむなく1955年、本社企画本部脚本課に転属し脚本家となる[3]。間もなく内田吐夢の担当になり[2][3]宮本武蔵シリーズ5部作[(1961年―1965年)を手掛け[3]、1963年、当時東京撮影所所長だった岡田茂から『人生劇場 飛車角』の脚本を書かされ(別人名義)[1][4]、「東映任侠映画」の路線化に貢献[1][5][6][7][8]。作品の大成功により、同年岡田からの指示で岡田のプロデュース作品『人生劇場 続飛車角』(相井抗名義)『武士道残酷物語』『宮本武蔵 二刀流開眼』『五番町夕霧楼』『おかしな奴』と6本の脚本を担当[1][9]。これらのハードな仕事をこなした信頼から、岡田に1965年『飢餓海峡』の脚本に抜擢され代表作とした[1][10]。『人生劇場 続飛車角』では、鶴田浩二が脚本に注文を付け、大ゲンカになったが、役者の意見を聞かない方針の鈴木は一切妥協せず、鶴田の要求を突っぱねた[4]。岡田茂は鈴木を「企画構成者としての才能を持つ数少ないライター。企画から興行成績の見通しまで的確に指摘できるライターは東映では鈴木しかいない」と評価した[4]大川橋蔵の人気挽回を思案した岡田から「橋蔵主演・今井正監督で『源氏物語』を書いてくれ」との発注を断り増々評価を上げた[4]。鈴木はここから巨匠たちから脚本指名を受けるようになり、"巨匠キラー"と呼ばれるようになった[9][11]。後続の脚本家のため、一作づつギャラを上げ、一本100万円になった1967年、東映を退社しフリーとなる[2]。以降、NHK大河ドラマ三姉妹』、『白い巨塔 (1978年のテレビドラマ)』、『不毛地帯 (1979年のテレビドラマ)』等を執筆した。日本シナリオ作家協会会長を歴任。

作家山崎豊子の信頼が厚く、『白い巨塔』『不毛地帯』の脚本は山崎の指名によるものであった。

佐久間良子ら名のある女優たちからも信頼されており、「鈴木さんの脚本なら出演します」と言わしめた。渥美清の信頼も深かったらしく、野村芳太郎山田洋次系列以外の作家としては唯一、長年にわたってコンビを組んでいる。

脚本の直しをしないライターとして知られ、鈴木「なおさず」と呼ばれていた。

『飢餓海峡』『宮本武蔵』を監督した内田吐夢についての「私説内田吐夢伝」を上梓している。

2005年11月26日午前1時25分、肺癌のため都内の病院で死去。76歳没。

作品編集

※がある作品は合作

映画編集

テレビドラマ編集

受賞編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 日本シナリオ作家協会 鈴木尚之 人とシナリオ出版委員会『鈴木尚之 人とシナリオ』日本シナリオ作家協会、1998年、24 - 26頁。ISBN 4-915048-08-X鈴木尚之『私説内田吐夢伝』岩波書店、320-366頁。ISBN 978-4000001779
  2. ^ a b c d e f 桂千穂「鈴木尚之」『にっぽん脚本家クロニクル』青人社、1996年、840 - 854頁。ISBN 4-88296-801-0
  3. ^ a b c d e f g h i j 「追悼鈴木尚之 『シナリオは、いのち。鈴木尚之の軌跡』 文・藤田芳康」『「映画芸術」2006年春号 No415 編集プロダクション映芸 pp.104-107』。
  4. ^ a b c d 高橋正一「『湖の琴』撮影ルポ ―『湖の琴』はどんな映画になるか―」『シナリオ』1966年1月号、日本シナリオ作家協会、 36 - 37頁。
  5. ^ 東映『クロニクル東映:1947-1991』1、東映、1992年、200-201頁。
  6. ^ 「追悼鈴木尚之 『シナリオは、いのち。鈴木尚之の軌跡』 文・藤田芳康」『「映画芸術」2006年春号 No415 編集プロダクション映芸 p.104』。
  7. ^ 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、人生劇場 飛車角/東映チャンネル(Internet Archive)
  8. ^ 滅びの美学 任侠映画の世界 - シネマヴェーラ渋谷
  9. ^ a b 押川義行「《特集》現代の主題・映画作家の内奥にあるもの レポート 文字と映像の間 インタビュー・松山善三山田信夫蔵原惟繕・鈴木尚之」『シナリオ』1967年1月号、日本シナリオ作家協会、 36 - 37頁。
  10. ^ 飢餓海峡|一般社団法人日本映画製作者連盟
  11. ^ 深作欣二「(口絵の作家人物スケッチ〕 鈴木尚之に関する四章」『シナリオ』1965年5月号、日本シナリオ作家協会、 23頁。

関連項目編集