メインメニューを開く

今切川(いまぎれがわ)は、吉野川水系支流で主に徳島県徳島市の北端を流れる河川である。一級河川に指定されている。

今切川
今切川 2008年10月12日撮影
今切川河口堰より撮影(板野郡北島町)
水系 一級水系 吉野川
種別 一級河川
延長 11.65 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 33.4 km²
水源 旧吉野川より分流
水源の標高 -- m
河口・合流先 紀伊水道
流域 徳島市松茂町北島町
テンプレートを表示

目次

地理・歴史編集

徳島県板野郡北島町高房にて旧吉野川より分流し板野郡松茂町長原で紀伊水道に注ぐ。吉野川下流部における分流のひとつ。

昔から川舟の重要な交通路で、榎瀬江湖川鍋川と結んで徳島〜撫養間の水路として利用され、明治25年から昭和35年の間は阿波巡航船の定期航路となった。河口の長原港からも徳島市両国橋まで、大正10年〜昭和33年の間定期船が出ていた。

2011年3月、北島町に親水公園・北島町水辺交流プラザが完成した。

環境編集

2008年秋、旧吉野川及び本河川にて特定外来生物に指定されているウォーターレタスの異常繁殖が確認された。2007年にも繁殖が見られたものの、2008年になって爆発的に増え、10万m2にわたって河川を覆い尽くしている。ウォーターレタスの他にホテイアオイも繁殖しており、現在も今切川で繁殖し続けている。

地元漁師たちにより、1日10tずつ回収されているものの、一向に減る気配もなく、この年の今切川のシジミ漁は例年の2割ほどしかできなかった。

支流編集

橋梁編集

利水施設編集

流域の自治体編集

徳島県
板野郡北島町松茂町徳島市