メインメニューを開く

今帰仁御殿(なきじんうどぅん)は尚育王の三男・今帰仁王子朝敷を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で今帰仁間切(現・今帰仁村)の按司地頭をつとめた琉球王国大名廃藩置県後は男爵家。

今帰仁御殿
No image available.svg
細輪に木爪形に字抜き隅立て角内に細輪に三つ巴
石持ち字抜き四方爪に細隅立て角に左三つ巴
本姓 向氏
家祖 今帰仁王子朝敷
種別 琉球王族
華族(男爵)
出身地 琉球王国首里
主な根拠地 琉球王国・首里、東京
著名な人物 今帰仁王子朝敷
凡例 / Category:日本の氏族

一世・朝敷は尚泰王の弟で、はじめ具志川王子と称し、後に転封されてからは今帰仁王子と称した。琉球処分の折には、兄に代わって藩王代理として琉球処分官・松田道之と応対した。廃藩置県後は、男爵に叙せられた。

系譜編集

  • 一世・今帰仁王子朝敷
  • 二世・湧川按司朝和
  • 三世・今帰仁朝英
  • 四世・今帰仁朝秀

参考文献編集

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集