メインメニューを開く
今村繁三

今村 繁三(いまむら しげぞう、1877年明治10年) - 1956年昭和31年)4月19日)は、横浜生まれの銀行家。

今村繁三-岩崎道場
今村繁三-岩崎道場2
今村繁三-成蹊大学胸像
今村繁三-麒麟麦酒株式会社
今村繁三-成蹊大学創立100周年感謝状

目次

略歴編集

相場で財を成した実業家、今村清之助の次男として生まれる[1]東京高等師範学校附属中学に学び、英国ケンブリッジ市にある全寮制パブリックスクール リース校 (The Leys School) に留学した。この学校は『チップス先生さようなら』のモデルとなった名門で、チャペルには後に今村らが寄付したことを記念して彼らの名前を記したステンドグラスが残っている。また、皇太子時代の昭和天皇が訪問したことでも知られる。

1899年に英国トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)に進学し、1902年に文学士の学位を受ける[1]。父親が亡くなったため帰国し、20代半ばで莫大な財産を相続、父の残した今村銀行を引き継ぐ[2]。今村銀行頭取、汽車製造株式会社取締役として[1]高輪アトリエ付きの豪邸に居住した。旧制中学の同窓にあたる中村春二が始めた成蹊園岩崎小弥太とともに財政的に支援し、また、画家のパトロン中村彝曾宮一念など)、花柳界遊び人としても名を馳せたが、銀行の経営が悪化し、世界恐慌のあおりも受けて没落。邸宅を売り払い、所有していた美術品などを売りながら78歳まで生きた。

尚、現在の日立中央研究所国分寺市)の場所に、今村繁三の別荘があった。

家族編集

父は、今村銀行(後の第一銀行)や角丸証券(現・みずほ証券)を創立した今村清之助。全国の鉄道会社の設立にあたり、鉄道王として有名。東京株式取引所の設立に尽力した一人でもある。姉のフミは三菱銀行頭取で初代会長の串田万蔵(串田孫一の父)の妻となり、井上保次郎の養子となった弟の井上周は東洋製糸社長となった[3]

妻は、新田忠純の二女・俊子である。

経歴編集

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集