フランス領コンゴ

アフリカ中央部にかつて存在した旧フランス植民地
仏領コンゴから転送)

フランス領コンゴ (フランス語: Congo français)又は中コンゴ(フランス語: Moyen-Congo)は、フランス第三共和政の植民地。 現在のコンゴ共和国ガボン中央アフリカ共和国を領域とした。

Congo français
植民地

1882–1910


国旗

首都 ブラザヴィル
言語 フランス語(公用語)
コンゴ語
ファン語
ミエネ語
リンガラ語
宗教 イスラム教
キリスト教
伝統信仰
ブウィティ英語版
政治機構 植民地
歴史
 •  創立 1882[1]
 •  中コンゴと改名 1903
 •  フランス領赤道アフリカに編入 1910年
通貨 フランス・フラン
現在 コンゴ共和国の旗 コンゴ共和国
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ共和国
ガボンの旗 ガボン

目次

歴史編集

1880年9月10日、フランス領コンゴはブラザヴィルで始まった。 コンゴ川北岸に暮らすテケ人英語版に対する保護領だった[1]

1882年11月30日、公式に建国された[1]

1884年1885年ベルリン会議で確定した。 カビンダカメルーンコンゴ自由国との国境は次の10年間に条約で確定した。 植民地を発展させる為に、フランスの30社に租借地を与えた。 会社は象牙ゴム材木を扱ったが、これらの「商売」は、多くの場合非道な行いや現地人の奴隷化を伴った。 しかし、利益を上げた会社は約10社に過ぎなかった。 フランス領コンゴは「ガボン・コンゴ」とも呼ばれた[2]

1891年ガボンを併合した[1]

1903年、「中コンゴ」に改名した。

1906年、ガボンと分離した。 マルセイユで開催された植民地展示会英語版で、「フランス領コンゴの拡大」が出版された[3]

1910年フランス領赤道アフリカに併合された。

総督編集

中コンゴになるまでに、4人の総督が務めた。[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Histoire militaire des colonies, pays de protectorat et pays sous mandat. 7. "Histoire militaire de l'Afrique Équatoriale française". 1931. Accessed 9 October 2011. (フランス語)
  2. ^ Payeur-Didelot. "Gabon. - Colonie française du Gabon-Congo, 1/3,700,000". 1894. (フランス語)
  3. ^ Rouget, Ferdinand (1906) (French). The Colonial Expansion of French Congo. Émile Larose - via World Digital Library. http://www.wdl.org/en/item/2543/#regions=africa&page=5 2014年6月19日閲覧。. 

参考資料編集

  • Petringa, Maria. Brazza, A Life for Africa. Bloomington, IN: AuthorHouse, 2006. 978-1-4259-1198-0. Describes Pierre Savorgnan de Brazza's extensive explorations of what became French Congo, and later, French Equatorial Africa.

外部リンク編集