メインメニューを開く

仙石河岸駅(せんごくがしえき)は、かつて群馬県邑楽郡大泉町(旧・大川村)にあった東武鉄道仙石河岸線貨物駅廃駅)である。

仙石河岸駅
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1960年)
せんごくがし
Sengokugashi
新小泉 (1.1km)
所在地 群馬県邑楽郡大泉町(旧・大川村
所属事業者 東武鉄道
所属路線 仙石河岸線
キロ程 3.0km(西小泉起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1939年昭和14年)4月13日
廃止年月日 1976年(昭和51年)10月1日
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

1面1線で、ホームだけがある。ホームより北は何もなかった。

駅周辺編集

廃止後の現状編集

 
仙石河岸駅跡
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(2009年)

当駅跡地は、いずみ総合公園町民野球場およびいずみサッカー場、線路跡はいずみ緑道となっている。

隣の駅編集

東武鉄道
仙石河岸線
(貨)新小泉駅 - (貨)仙石河岸駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社、2008年、30頁。ISBN 978-4-10-790021-0

関連項目編集