伊勢国造(いせのくにのみやつこ、いせこくぞう)は、のちに伊勢国となる地域を支配した国造である。

伊勢国造
No image available.svg
本姓 伊勢氏
家祖 天日別命または天日鷲神
種別 神別天神
出身地 大倭国
主な根拠地 伊勢(のちの伊勢国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 中臣氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

先代旧事本紀』「国造本紀」に伊勢国造とある。

祖先編集

氏族編集

伊勢氏(いせうじ、)で、伊勢中臣氏とも。天平19年(747年)にに、天平宝字8年(764年)に朝臣となった。伊勢神宮外宮祠官の磯部氏(後の度会氏)も同系統とされるが、世代数が不自然であり、実際は丹波国造の支流が伊勢国造の系図に接ぎ木したもので全くの別族とされる[1]

本拠編集

国造の本拠は伊勢国鈴鹿郡か。

支配領域編集

国造の支配領域は当時伊勢国と呼ばれた地域で、北の伊賀国造伊賀国)、南の島津国造志摩国)を除く地域であり、かつ伊勢国南部の飯高県造、度会神主などの諸豪族の領域を除いた地域であったと考えられる。そうした場合、河曲郡鈴鹿郡三重郡などが国造の領域であったと見られる。

氏神編集

国造の奉斎社は不明。ただし伊勢国内の天日別命を祭る神社としては桑名宗社三重県桑名市)などがある。

関連神社編集

編集

人物編集

  • 天日別命(あめのひわけのみこと)
    神武天皇朝に任命された初代伊勢国造。
  • 彦前羽命(ひこさきうのみこと)
    天日別命の子。
  • 武日丹方命(たけひにかたのみこと)
  • 高雄束命(たかおつかのみこと)
    雄略天皇朝に奈加等神社を創建したと伝わるが、姓が不記載。

子孫編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男「中臣氏族概観」『古樹紀之房間』、2009年。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)