メインメニューを開く

伊勢屋(いせや)は、群馬県太田市東本町24-23にある和菓子[5]SUBARU群馬製作所本工場前に立地し、スバル車をモチーフとした菓子を製造・販売している。創業はSUBARUの前身である中島飛行機が当地に工場を構えた1934年昭和9年)[6][注 1]。店舗は2回の建て替えを経て、2004年平成16年)8月に建て替えられたものである[3]

伊勢屋
伊勢屋 社屋
伊勢屋 社屋
店舗概要
所在地 373-0026
群馬県太田市東本町24-23[1][2]
座標 北緯36度17分43.19秒 東経139度22分51.42秒 / 北緯36.2953306度 東経139.3809500度 / 36.2953306; 139.3809500座標: 北緯36度17分43.19秒 東経139度22分51.42秒 / 北緯36.2953306度 東経139.3809500度 / 36.2953306; 139.3809500
開業日 1934年2月1日[3][注 1]
正式名称 有限会社伊勢屋岡田商店
法人番号8070002028075
施工者 桐生建設[3]
営業時間 9:00 - 19:00(水曜日定休)[5]
駐車台数 0[5]
最寄駅 太田駅[5]
最寄IC 太田桐生IC[5]

目次

概要編集

太田市スバル町1-1の株式会社SUBARU群馬製作所・本工場の正門前にあることから、従来から販売していた和菓子類に加え、富士重工業(当時)側から「太田へ来た方へのお土産が必要なので何か作って欲しい」という依頼を受け、1961年(昭和36年)にスバル・360を型どった「スバル最中」を発売した[3]。ちょうど現在のSUBARU健康保険組合が10周年を迎える節目であり、比較的日持ちのよい最中を用いた贈呈用菓子として考案されたのが始まりである[7]。その後、スバル360はレオーネに変わり、平成17年(2005年)4月にはレガシィB4へと変更。数あるラインナップの中でも一番人気である[3]

ラインナップ編集

すべての商品が手造りであることが特徴である[3][6]

スバル最中、THEスバル、360焼をセットに包装した「スバルアラカルト」もあり、箱内には同店オリジナル小冊子「スバルの歩み」が付属する[7]

スバルをモチーフとした菓子以外にも、どら焼きのような普通の菓子も取り扱っている[6]

交通アクセス編集

公共交通機関
東武鉄道太田駅から徒歩5分間[5]
自家用自動車
北関東自動車道太田桐生インターチェンジから自動車で8分間。駐車場はない[5]

広告に費用を掛けないのが店のポリシーで、インターネットの公式ウェブサイトすら開設していない[6]。しかしブログ口コミで評判が広まり、遠方から訪れる客もいる[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 1935年(昭和10年)創業としている資料もある[4]
  2. ^ かつてTHEスバルの焼印はレオーネだった[4]

出典編集

  1. ^ iタウンページ 伊勢屋/本店”. NTTタウンページ. 2017年4月9日閲覧。
  2. ^ 座標はジオロケータ―日本語版にて「太田市伊勢屋」をキーワードに検索して得た(2017年4月9日閲覧)。
  3. ^ a b c d e f g h きりけん建物探訪 「伊勢屋」様 太田市”. 桐生建設 (2012年6月). 2019年1月28日閲覧。
  4. ^ a b 『モーターファン別冊 ニューモデル速報 号外 特別号 SUBARUレガシィのすべて』93ページ。
  5. ^ a b c d e f g るるぶ&more. 伊勢屋(群馬県)”. JTBパブリッシング. 2019年1月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 大津英昭 (2018年8月28日). “昭和9年創業の老舗和菓子屋さんが心を込めてつくり続ける「スバル最中」実食レポート!”. モーターファン (三栄書房). https://motor-fan.jp/article/10005395 2019年1月28日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f コージー林田 (2015年1月27日). “全国からスバルファンが訪れる伊勢屋の「スバル最中」。スバリストへの手土産にはコレっきゃない!”. 日刊カーセンサー (リクルート). https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1588/_27931.html 2019年1月28日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集