メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
福島県道21号標識

会青橋(かいせいばし)は、福島県喜多方市、同県河沼郡会津坂下町に跨る道路橋である。

会青橋
会青橋 (会津坂下町側から)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県喜多方市(右岸)
福島県河沼郡会津坂下町(左岸)
交差物件 阿賀川
建設 第1代 -1937年
第2代 -2006年
座標 北緯37度35分36.5秒
東経139度50分16.3秒
構造諸元
形式 桁橋[1]
全長 388.3m[1]
6.5m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

喜多方市と会津坂下町を隔てる一級河川阿賀川を渡り、福島県道21号喜多方会津坂下線を通す。北詰は喜多方市塩川町会知付近、南詰は河沼郡会津坂下町青木付近に位置する。橋の東側で阿賀川に日橋川が合流しているほか、周辺には亀ヶ森古墳などがある。現在の橋梁は2004年に竣工した長さ388.3m、幅15mの鋼桁橋である[1]。また、1937年に架橋された旧橋梁は長さ348.5m、幅5.5mのRCゲルバー橋であった[1]

沿革編集

現橋梁の架橋に至るまで編集

会青橋架橋に至るまでは、付近の阿賀川では渡しが使われていた[3]。その後、1929年舟橋が生まれた後、1937年12月12日にRCゲルバー橋が架橋される[1]。この橋は、阿賀川に架かる橋の中で蟹川橋および高田橋に次ぐ長さを持っていたほか、昭和50年代においては現在と同じく主要地方道喜多方会津坂下線の橋梁であった[3]

  • 全長…348.5m
  • 幅員…5.5m
  • 形式…17径間RCカンチレバー(ゲルバー)桁橋
  • 施工…堀江組[4]

現橋梁の架橋編集

先に示したように、旧橋梁は喜多方市と会津坂下町を結ぶ主要地方道の一部として利用されていたが、橋梁の老朽化及び幅員の狭さと歩道が設置されていたことを理由として架け替えがなされ、1996年の事業化、その後の架け替え事業の後に2006年桁橋の新橋梁が完成した[5]。また、会青橋南側の県道21号喜多方会津坂下線は、橋梁と同じく道幅が狭いこと、歩道が設置されていないことなどを理由として、青木バイパスとして整備がなされており、2007年平成19年)3月30日に一部開通した[6]

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会津若松建設事務所100周年記念誌
  2. ^ 橋梁年鑑 - 日本橋梁建設協会
  3. ^ a b 角川日本地名大辞典 7 福島県 p234, 1981
  4. ^ 会青橋1937-12-12 - 土木学会附属土木図書館
  5. ^ 福島県 会青橋渡橋式について
  6. ^ 青木バイパス一部開通

外部リンク編集