ヒゲオヤジ

ウィキメディアの一覧記事
伴俊作から転送)

ヒゲオヤジは、手塚治虫の漫画に登場する架空の人物である。本名は伴 俊作(ばん しゅんさく)とされることが多いが、ほかの名前で登場していることもある。

目次

概要編集

手塚治虫のスター・システムを代表する「俳優」のひとり。頭頂部から禿げ上がった頭と、二股に垂れ下がった白い口髭がトレードマークの中年男性として描かれる。服装は背広に格子模様の蝶ネクタイを付けていることが多い。『鉄腕アトム』をはじめとした複数作品で「本名は伴俊作、通称ヒゲオヤジ」と名乗っているので「伴俊作」が俳優としての本名であるかのように言われることもあるが、実際にはそれ以外の役名で登場した作品も多く、その中には、「ビル」(『地底国の怪人』)や「サム」(『太平洋Xポイント』)など、明らかに日本人でないものも含まれている。そのため俳優名としては「ヒゲオヤジ」で通すのが一般的である。

商業作品でのヒゲオヤジのデビューは、1946年の『関西輿論新聞』版『ロストワールド[1](同年の『マァチャンの日記帳』第26回にも1コマだけ出演している)。単行本では1947年10月の『怪人コロンコ博士』が初出であり、同作で初めてケン一とコンビを組んでいる[2]。また、「伴俊作」名での初出演作は、1948年の単行本版『ロストワールド』である[3]

得意な役柄は江戸っ子気質の熱血漢で、正義感が強く不正や差別には断固として敵対する。また好奇心が強く様々な事件に首を突っ込むところがあり、そのため多くの作品で私立探偵が当たり役となっている[4]。ただし、決して善玉専門というわけではなく、悪役やそれに近い役柄で出演したこともある[5]

キャラクター原案は実は手塚ではなく、手塚の中学時代の友人Iである。伊丹の菓子屋「鶴屋八幡」の息子だった彼が、自分の祖父をモデルに落書きしたのを、手塚が漫画の登場人物として借用した『オヤジ探偵』が起源である。

登場作品編集

など多数

声優編集

俳優編集

脚注編集

  1. ^ 米沢 2002, p. 363.
  2. ^ 米沢 2002, pp. 363-364.
  3. ^ 米沢 2002, p. 364.
  4. ^ 私立探偵役での出演作に、『ロストワールド』(1948年)、『メトロポリス』(1949年)、『来るべき世界』(1951年)、『火星からきた男』(1952年)、『地球の悪魔』(1954年)、『伴俊作まかり通る』(1961年)、『フライング・ベン』(1966-67年)、『バンパイヤ』(1966-69年)などがある。また『鉄腕アトム』では元私立探偵の小学校教師。
  5. ^ 『一千年后の世界』(1948年)のボロ王、『ライオンブックス 来るべき人類』(1956年)の黒田隊員、『偉大なるゼオ』(1964年)の大臣、『ザ・クレーター 巴の面』(1970年)の玩具屋など。また『ブラック・ジャック』ではスリ師(「山手線の哲」)や吝嗇な大富豪(「灰とダイヤモンド」)など、様々な役を演じている。

参考文献編集

関連項目編集