メインメニューを開く
但馬漁火ライン(但馬海岸道路

但馬漁火ライン(たじまいさりびライン、Tajima Isaribi Line)は兵庫県豊岡市気比から香美町を経て、新温泉町居組(国道178号)を結ぶ日本海沿いを走る主要道路。兵庫県で初めて国土交通省日本風景街道に選定された[1]

目次

概要編集

全域が山陰海岸国立公園に属する東西約50kmの但馬海岸は起伏に富むリアス式海岸となっており、山陰海岸の美しい自然景観を楽しみながら走行することが出来る[2]。そのため、ツーリングドライブコースとして人気が高い。6月から10月にかけての夜にイカ釣り漁船の漁火が灯ることから名付けられた。

兵庫県豊岡市気比(京都府境)から但馬海岸道路第二但馬海岸道路を通り、香美町香住区より国道178号兵庫県道260号三尾浜坂線を経て、再び国道178号を走り、兵庫県新温泉町居組(鳥取県境)に至る但馬地域の海岸沿いをメインルートとしている。

但馬海岸の全てが山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに指定されており、国の名勝に指定された香住海岸但馬御火浦をはじめ、美しい砂浜を有する竹野海岸竹野浜など、特徴的な海岸地形を形成している。また、志賀直哉の名作「城の崎にて」の舞台として知られ、外湯巡りが楽しめる城崎温泉や、海洋レジャー施設城崎マリンワールド、日本屈指の松葉ガニ水揚量を誇る香住港・浜坂港や、1912年に完成したトレッスル橋としては日本一を誇る余部鉄橋(高さ41m・長さ310m)、国民保養温泉地に指定された七釜温泉など観光スポットが多い。

  • 陸上距離:67km
  • 起点:兵庫県豊岡市気比の三原峠(兵庫県道11号)
  • 終点:兵庫県新温泉町居組(国道178号)
  • 主な経由地:豊岡市香美町新温泉町

通過路線編集

地理編集

日本海の断崖と漁港を縫うように走り、日本海を眺めながら緩やかなアップダウンを繰り返すワインディングロードが続く[3]。山陰海岸は、天然記念物の鎧の袖をはじめ、洞門や洞窟、奇岩など独特の風景が連なる[3]

通過する自治体編集

沿線編集

城崎・竹野エリア
香住エリア
浜坂エリア

活動主体編集

  • 但馬山陰海岸魅力あふれる道づくり

エリア内の道の駅編集

脚注編集

  1. ^ 「但馬漁火ラインが「日本風景街道」県内初登録」『但馬12月号』、兵庫県但馬県民局発行
  2. ^ 「多様な海岸線眼下に但馬御火浦海岸 新温泉町・香美町」、『神戸新聞』、2007年12月5日
  3. ^ a b 須藤英一 2013, pp. 136-137.

参考文献編集

  • 昭文社 まっぷるマガジン『ベストドライブ 京阪神』
  • 『ザ・たじま』真実の但馬がわかる、財団法人但馬ふるさとづくり協会
  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2

関連項目編集

外部リンク編集