メインメニューを開く

安倍 宗任 (あべ の むねとう)は、平安時代中期の武将。陸奥国俘囚の長とされる豪族、安倍氏安倍頼時の子(三男)。鳥海柵の主で、安倍鳥海三郎宗任とも呼ばれる。嫡妻であった清原氏の子として嫡子格の地位にあったと推察する説もある[1]

 
安倍宗任
Abe Munetou.jpg
安倍宗任/『前賢故実江戸時代、画:菊池容斎
時代 平安時代中期
生誕 長元5年(1032年
死没 嘉承3年2月4日1108年3月18日
別名 鳥海三郎
墓所 福岡県宗像市大島
氏族 安倍氏
父母 父:安倍頼時、母:清原氏[1]
兄弟 貞任宗任家任行任藤原経清
宗良、仲任、季任、藤原基衡室、佐々木季定
安倍宗任の墓(宗像市大島)

目次

生涯編集

前九年の役編集

奥州奥六郡岩手県内陸部)を基盤とし、父・頼時、兄・貞任とともに源頼義と戦う(前九年の役)。一族は奮戦し、貞任らは最北の砦厨川柵(岩手県盛岡市)で殺害されるが、宗任らは降服し一命をとりとめ、源義家に都へ連行された。その際、奥州の蝦夷は花の名など知らぬだろうと侮蔑した貴族が、の花を見せて何かと嘲笑したところ、「わが国の 梅の花とは見つれども 大宮人はいかがいふらむ」と歌で答えて都人を驚かせたという。(『平家物語』剣巻)

配流編集

四国伊予国に流され、現在の今治市の富田地区に3年間居住し、その後少しずつ勢力をつけたために、治暦3年(1067年)に九州筑前国宗像郡筑前大島に再配流された。その後、宗像の大名である宗像氏によって、日朝・日宋貿易の際に重要な役割を果たしたと考えられる。また、大島の景勝の地に自らの守り本尊として奉持した薬師瑠璃光如来を安置するために安昌院を建てた。そして、嘉承3年(1108年)2月4日に77歳で亡くなった。 なお配流先については、伊予から筑前へと移されたという説と当初より大宰府に流されたという説とがある。

子供編集

長男・安倍宗良
宗良は大島太郎・安倍権頭として、大島の統領を継いだ。その子孫の安倍頼任は、九州の剣豪として知られ、秋月氏に仕え、剣術流派・安倍立剣道を開いた。
次男・安倍仲任
仲任は、薩摩国に行ったとされる。
三男・安倍季任
季任は肥前国松浦に行き、松浦氏の娘婿となり松浦三郎大夫実任と名乗る。その子孫は北部九州の水軍松浦党を構成する一族になったともいわれている。
長女・藤原基衡の室(疑問あり)
藤原秀衡の母(異説あり)。
末女・佐々木季定の室
佐々木秀義の母。平治合戦の後、本貫近江国蒲生郡佐々木庄(現・近江八幡市)を追われた秀義は、母方の伯母の嫁ぎ先である奥州藤原氏を頼って落ちのびる途中、相模国の武将・渋谷重国に武勇を見込まれて食客することとなった。

子孫編集

  • 安倍宗任の三男・季任は肥前の松浦一族と姻戚関係となって「松浦実任」と称する。その子孫である松浦高俊は、平清盛の側近で平家方の水軍として活躍した。その為、治承・寿永の乱により、現在の山口県長門市油谷に流罪となった。その後、高俊の娘は平知盛の子(遺児?)といわれる平知貞に嫁いだが、源氏の迫害から逃れる為に知貞一族は妻の祖父であり、松浦氏を名乗っていた季任(実任)の本姓「安倍」を名乗ったとされる。ただし平家の家系図には平知貞という人物は存在せず、詳細は不明である。
  • 自民党衆議院議員で外務大臣を務めた安倍晋太郎内閣総理大臣安倍晋三らを輩出した山口県の安倍氏は、源氏の迫害を逃れるために妻側(松浦高俊の娘)先祖・宗任と季任(実任)の本姓である「安倍」を名乗った平知貞の系統とされる[注 1]

故事編集

岩手県盛岡市出身の貴族院議員で第18・22代東京府知事阿部浩は、平家物語にある「安倍宗任と梅の故事」にならい、安倍氏ゆかりの盛岡市安倍館町に別邸を建て、吾郷楳荘(現・一ノ倉庭園)と名づけた。これは、「吾が故郷の梅(楳)の荘」の意である。扁額の揮毫は伊藤博文で、現在は盛岡市原敬記念館が所蔵。厨川柵で潰えた安倍氏を偲び、同様の故事から盛岡市立厨川中学校の校章は「梅」を象る。

  • 「わが国の梅の花とは見つれとも 大宮人は如何か言ふらむ」 安倍宗任

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 宗任流安倍氏の松浦家と知盛流平氏の末裔という事になる。

出典編集

  1. ^ a b 樋口知志「延久二年合戦について」『古代蝦夷からアイヌへ』天野哲也・小野裕子編、吉川弘文館、2007年

関連項目編集

外部リンク編集