メインメニューを開く

体操伝習所(たいそうでんしゅうじょ、旧字:體操傳習所)は、1878年(明治11年)10月、東京府(現在の東京都千代田区)に設立された体育教員・指導者の養成機関である。

目次

概要編集

明治政府により設立された日本最初の体育の研究・教育機関で、修業年限は2年。体育教授法の研究と体育教員の養成を目的とし全国の学校に近代体育を普及させ、音楽取調掛とともに実技科目教員を供給することにより、知的科目に偏っていた東京師範学校の教員養成を補完する役割を果たした。1885年東京師範学校の附属校となり、翌1886年東京師範の高等師範学校昇格にともない廃止され、同校「体育専修科」に改編された。同科は東京高等師範学校「体育科」への改組を経て東京教育大学体育学部に継承されたため、一般には筑波大学体育専門学群の源流と位置づけられている。

沿革編集

明治政府が欧米的な教育制度を導入する過程で、体育(「体術」もしくは「体操」)も学制教育令のなかで小学校・専門学校(大学以外の高等教育機関を意味し後年の旧制専門学校とは異なる)の教育科目として規定されることとなったが、多くの場合は規定のみで実施されることはなく、実施された場合も教授法の確立をみていなかったことから各学校ごとの試行錯誤に任されていた。また教員養成機関として設立された東京師範学校も知的教科を中心とする知育に偏重していたため体育教員の養成も後手に回っていた。

文部省は以上のような状況を挽回し、学校体育の整備を本格的に進めるため1878年10月直轄機関として「体操伝習所」を設立した。伝習所にはアメリカアマースト大学卒業の医学士リーランドが教員として招聘され、彼を中心に「軽体操」(木唖鈴・球竿・棍棒・木環などの軽手具を使用した体操)が欧米人に比べて小柄な日本人に適当な体育法として採用され、これの全国的普及が進められていくことになった。1881年7月には伝習所の第1回給費生21名が卒業し、以降廃止まで約300名に及ぶ卒業生たちが各地の師範学校に体育教師として赴任し、また彼らにより100冊以上に及ぶ体育・スポーツの専門書が刊行されたことで、地方への軽体操および近代的な学校体育の普及を進めていく中心となった。

同年、リーランドの辞任・帰国にともない彼の通訳であった坪井玄道が伝習所の主任教員となり、翌1882年にはリーランドの指導した運動法と彼の体育論を坪井が解説した『新撰体操書』が伝習所から出版された。こののち伝習所では1883年徴兵令改正にともなう中学校・師範学校での「歩兵操典」実施の提言など、国家主義的傾向が強まることになるが、その一方で坪井を中心に軽体操と戸外遊戯(二人三脚競走綱引フートボールローンテニスベースボールなど)の重要性が強調されるなど独自の体育法も追求された。

年表編集

  • 1878年10月25日:文部省直轄機関として設立。リーランドが教員となり伝習員(生徒)を募集。
  • 1878年11月1日:坪井玄道、教員となりリーランドの通訳にあたる。
  • 1878年11月9日:体操伝習所規則制定。
  • 1879年3月20日:東京府下神田一ツ橋に事務室・教場が新築された。
  • 1879年4月7日:第1回伝習員(官費生)25名が入学。
  • 1880年9月:科目に兵式体操が加わる。
  • 1881年7月:第1回給費生21名が卒業。
  • 1881年7月2日:主任教員リーランドが辞任。坪井玄道が後任の主任教員となる。
  • 1882年:伝習所より『新撰体育書』の刊行。
  • 1884年2月:伝習所、小学校・中学校・師範学校での軍事教育(歩兵操練科)の実施の可否に関し諮問を受ける。
  • 1884年11月17日:伝習所、上記諮問に関し報告を行う。
小学校高学年での隊列運動、中学校・師範学校での「体操教範」「歩兵操典」の一部を課すよう提言しのち実施された。
伝習所が担っていた兵式体操教員育成の業務は体育専修科に継承された。

参考文献編集

事典項目
  • 木下秀明「体育・健康教育〈明治前期〉」『日本近代教育史事典』平凡社1971年
    • 小項目「体操伝習所」(執筆:木下)ほか。
論文
  • 能勢修一「体操伝習所卒業生の体育活動」『鳥取大学教育学部研究報告:教育科学』第13巻1号(1971年6月)、pp.157-178
  • 大久保英哲「体操伝習所卒業生原収造の岩手県における体育活動について」『体育學研究』第32巻第1号(1987年6月)、pp.11-24
  • 木村吉次「体操伝習所の「活力統計」に関する一考察」『(中京大学)体育研究所紀要』第5号(1991年)、pp.1-20
  • 同「体操伝習所の医学関係図書に関する一考察」『中京大学体育学論叢』第37巻第2号(1996年3月)、pp.1-11
単行書
  • 能勢修一『明治体育史の研究:体操伝習所を中心に』(新体育学講座・第37巻)逍遙書院、1965年

関連項目編集

外部リンク編集