メインメニューを開く

依布サラサ(いふ サラサ、1983年12月22日 - )は、日本女性作詞家歌手。旧本名(出生名)、井上 ニサ[1]

依布サラサ
生誕 (1983-12-22) 1983年12月22日(35歳)
出身地 日本の旗 東京都
ジャンル J-POP
職業 作詞家歌手
担当楽器 アコースティックギター
活動期間 2006年 -
レーベル キューンミュージック2007年 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
共同作業者 松田岳二
公式サイト http://www.ifusarasa.com/

東京都出身で、現在は福岡県在住(後述)。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。所属レーベルキューンミュージック

目次

人物

父はシンガーソングライター井上陽水。母は歌手石川セリ。妹は三澤澄也九州朝日放送アナウンサー)夫人。他に兄が一人いる。また、叔母は歌手のROMY(石川ひろみ)。

芸名の由来は、幼い頃に妹と「こんな名前がよかった」という名前を列挙した中に「サラサ」という名前があり、「もしも(英語で「if」→依布)、自分がサラサだったら」という意味から、語感を重視して付けている[2]サリーで使用される高級布生地(更紗)にも由来しており、「依布」の漢字も衣服をイメージして付けている[2]

最終学歴は青山学院女子短期大学[3]

デビュー前から木村カエラのファンである[4]。なお、木村とは同じ事務所に所属している。

2010年シングルマザーで7歳(当時)の娘が1人いる[5]ことを明かした。その娘の子育てを理由に、2011年後半より父の故郷である福岡に移り住み[6]、活動を続けている。

2013年9月に再婚し、2015年7月27日、第2子となる女児を出産[7]

猫を3匹飼っている。

活動

作詞は全て自らが行う。作詞は学生時代から行っており、歌手デビュー前より作詞家として活動している。他アーティストへの作詞も行っている。作詞に開眼したきっかけは、父である井上陽水と作詞に関して語り合い、その延長で楽曲「長い猫」の制作に関わったことによる[8]

楽曲はNEIL&IRAIZAおよびCUBISMO GRAFICOのフロントマンである松田岳二がプロデュースを手掛ける。過去にはTahiti 80ボーカルであるグザヴィエ・ボワイエも楽曲に参加している。ライブでは主にアコースティックギターの弾き語り演奏を行う。

2009年からは音楽活動以外にもテレビ番組の出演を行うなど、活動の幅を広げている。前述の福岡移住後は九州朝日放送の新出演者発掘企画「KBCスーパーオーディション」に挑戦、合格し、2012年春より同局の番組に出演している。

略歴

ディスコグラフィー

詳細は各作品の項目を参照。

シングル

発売日 タイトル
1st 2007年12月5日 カリキュラム
2nd 2008年3月19日 瞳孔ソナー
3rd 2008年5月28日 カラクリカラフルビジョン
4th 2009年12月16日 黄昏ムーン/夜空のおりがみ
5th 2013年7月31日 キャッホー
配信 2013年12月25日 別れ際のあと5分
6th 2016年9月10日 夢の中へ

参加作品

  • 山沢大洋『music tree』(2008年1月23日
    • M-7「Baseball Life」作詞・ボーカル参加
  • 『One by One kzk soundtrack from adidas Originals by Originals』(2009年2月25日
    • M-5「3 SoundS」作詞・ボーカル参加
  • Rie fu『at rie sessions』
    • M-4「STAR」Rie fu、娘とコラボ参加

作詞提供

タイアップ

曲名 タイアップ
夢の中へ とんかつ専門店「濱かつ」CMソング(福岡、長崎、熊本限定)[9]

メディア

ラジオ

テレビ

CM

  • とんかつ専門店 濱かつ(2016年、福岡、長崎、熊本限定)[9]

新聞

PV

Cubismo Grafico Five/Chukit

出典

外部リンク