倉島 今朝徳(くらしま けさのり、1940年6月24日 - 2013年7月3日)は、長野県出身のプロ野球選手(捕手内野手)。

倉島 今朝徳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 (1940-06-24) 1940年6月24日
没年月日 (2013-07-03) 2013年7月3日(73歳没)
身長
体重
172 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手捕手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

長中3年生の時に野球を始め、上田松尾高では1年生の時、1957年夏の甲子園に捕手、六番打者として出場。神津進投手とバッテリーを組み、前年度優勝校の平安高に勝利し準々決勝に進出するが、この大会に優勝した広島商の山中英明(法大)に完封負けを喫した[1]。同年秋の静岡国体は1回戦で 早実高を降すが、準々決勝で法政二高の延藤謙吉(三重交通)らに抑えられ完封負け。

卒業後は明治大学へ進学。東京六大学リーグでは1961年春季リーグで優勝。同年の全日本大学野球選手権大会に出場するが、準決勝で日大に敗れる。1年上に辻佳紀捕手がおり、その兼ね合いから一塁手としても起用された。しかし1962年秋季リーグに辻が欠場したため、その後はレギュラー捕手となる。1963年には主将・四番打者をつとめるが、秋季リーグ明立2回戦で走者帰塁の際の接触プレーを巡り双方の選手が乱闘、その責任を負い出場停止処分を受ける。リーグ通算54試合出場、182打数52安打、打率.286、1本塁打、18打点。大学同期に投手の石岡康三外野手の三浦和美(広島)がいる。

石岡と共に1964年国鉄スワローズに入団。同年はイースタン・リーグのベストナイン(一塁手)に選出され、ジュニアオールスターにも出場した。一軍では主に代打としての出場が多かったが、一塁手、捕手としても起用された。1967年10月には阪神タイガースを相手に初の先発マスクを被る。1969年6月には豊田泰光の急な欠場で、1試合ではあるが四番打者、一塁手として先発出場している。1969年限りで引退。ヤクルト本社役員を経てヤクルト球団のフロント入りし、球団専務、連盟担当(球団代表)、セ・リーグ理事長を歴任した。2011年に退団。

2013年7月3日、心不全で死去[2]。73歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1964 国鉄
サンケイ
アトムズ
15 10 10 0 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .200 .200 .300 .500
1965 15 16 16 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .188 .188 .188 .375
1966 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
1967 8 11 11 3 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .364 .364 .636 1.000
1968 38 46 42 2 11 1 0 0 12 3 0 0 0 0 4 0 0 13 0 .262 .326 .286 .612
1969 40 44 41 0 8 0 0 0 8 4 0 0 0 1 1 0 1 13 0 .195 .233 .195 .428
通算:6年 118 129 121 5 28 2 0 1 33 8 0 0 0 1 6 0 1 37 2 .231 .273 .273 .546
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに球団名を変更

背番号編集

  • 9 (1964年 - 1966年)
  • 31 (1967年)
  • 28 (1968年 - 1969年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 倉島今朝徳氏が死去(元ヤクルト球団専務)”. 時事通信 (2013年7月4日). 2013年7月5日閲覧。

関連項目編集