メインメニューを開く

僕のワンダフル・ジャーニー

僕のワンダフル・ジャーニー』(ぼくのワンダフルジャーニー、A Dog's Journey)は、2019年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はゲイル・マンキューソ、主演はジョシュ・ギャッドデニス・クエイドが務めた。本作はW・ブルース・キャメロン英語版2012年に発表した『A Dog's Journey』を原作としている。また、本作は2017年の映画僕のワンダフル・ライフ』の続編でもある。

僕のワンダフル・ジャーニー
A Dog's Journey
監督 ゲイル・マンキューソ
脚本 W・ブルース・キャメロン英語版
キャサリン・ミション英語版
マヤ・フォーブス英語版
ウォレス・ウォロダースキー英語版
原作 W・ブルース・キャメロン
A Dog's Journey
製作 ギャビン・ポローン英語版
製作総指揮 セス・ウィリアム・マイヤー
ラッセ・ハルストレム
ファン・ルーユアン
チャン・ウェイ
出演者 ジョシュ・ギャッド
デニス・クエイド
マーグ・ヘルゲンバーガー
キャスリン・プレスコット
ベティ・ギルピン英語版
ヘンリー・ロウ英語版
アビー・ライダー・フォートソン
ジェイク・マンリー英語版
音楽 マーク・アイシャム
エミリー・ベア英語版
撮影 ローヒエ・ストファーズ英語版
編集 ロバート・コマツ
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
リライアンス・エンターテインメント
アリババ・ピクチャーズ
ウォールデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年5月17日
日本の旗 2019年9月13日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $23,530,085[1]
前作 僕のワンダフル・ライフ
テンプレートを表示

ストーリー編集

老犬ベイリーは飼い主のモンゴメリー夫妻(イーサンとハンナ)に可愛がられ、幸福な日々を過ごしていた。ベイリーは夫妻の孫娘であるクラリティ(CJ)と遊ぶのが何よりも好きだったが、CJの母親(グロリア)は犬嫌いであったため、ベイリーのことを疎んじていた。グロリアはCJの世話をまともにしようとせず、義理の親であるイーサンとハンナとの関係も悪化の一途を辿っていた。最終的に、グロリアはCJを連れてモンゴメリー夫妻の家を出ることになった。孫娘と離ればなれになった夫妻は悲しみに暮れたが、ほどなくして、ベイリーの胃に大きな腫瘍が見つかった。ベテランの獣医でも手の施しようがなかったため、ベイリーは安楽死させられることになった。別れ際、イーサンは「どうかCJのことを見守ってやって欲しい」とベイリーに言った。ベイリーは愛する飼い主の願いを聞き入れ、再度転生の旅を行うことにした。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[2][3]

製作編集

2017年6月21日、中国で興行的成功を受けて、『僕のワンダフル・ライフ』の続編の製作が決まったと報じられた[5]2018年8月26日、ジョシュ・ギャッド、デニス・クエイド、ベティ・ギルピンがキャスト入りした[6]。本作の主要撮影は同月中に始まった[7]

マーケティング・興行収入編集

2019年1月29日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[8]

本作は『ジョン・ウィック:パラベラム』及び『サン・イズ・オールソー・ア・スター 引き寄せられる2人』と同じ週に封切られ、公開初週末に1000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[9]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2019年5月17日、本作は全米3267館で公開され、公開初週末に803万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[10]

評価編集

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには58件のレビューがあり、批評家支持率は48%、平均点は10点満点で5.16点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『僕のワンダフル・ジャーニー』は感傷的に過ぎる作品である。しかし、飼い主に懸命に尽くす犬の姿を見れば、斜に構えた観客でさえも涙を流してしまうかもしれない。」となっている[11]。また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は43/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコア英語版はAとなっている[13]

出典編集

  1. ^ A Dog's Journey”. Box Office Mojo. 2019年5月20日閲覧。
  2. ^ “🐾豪華日本語吹替版キャスト解禁🐾 高木渉が再び生まれ変わる!大塚明夫&松岡洋子も続投!さらに、本作から参加する石川界人・朴璐美・鈴木達央ら 新たな”犬生”を彩る人気実力派声優陣が発表! 吹替版予告映像も解禁!”. 映画『僕のワンダフル・ジャーニー』. https://boku-wonderful.jp/news/2019/07/09/journey0709/ 2019年7月9日閲覧。 
  3. ^ “僕のワンダフル・ジャーニー”. ふきカエル大作戦!!. (2019年9月2日). https://www.fukikaeru.com/?p=12399 2019年9月2日閲覧。 
  4. ^ “愛犬家早見あかりが日本語吹替初挑戦!日本語吹替版・本編抜粋映像も解禁!犬と家族、みんなの絆を繋ぐ物語の中心 犬に寄り添われ成長していく孫娘CJを熱演🐾”. 映画『僕のワンダフル・ジャーニー』. https://boku-wonderful.jp/news/2019/08/30/journey0830/ 2019年8月30日閲覧。 
  5. ^ ‘A Dog’s Purpose’ Is Getting A Sequel Because Of China”. /Film (2017年6月21日). 2019年5月20日閲覧。
  6. ^ ‘A Dog’s Journey’ Begins With Dennis Quaid & Josh Gad; Betty Gilpin Joins Sequel”. Deadline.com (2018年8月26日). 2019年5月20日閲覧。
  7. ^ ‘A Dog’s Journey’ Adds China Interest With Henry Lau, Marg Helgenberger, Betty Gilpin”. Variety (2018年8月27日). 2019年5月20日閲覧。
  8. ^ A Dog's Journey - Official Trailer (HD)”. YouTube (2019年1月29日). 2019年5月20日閲覧。
  9. ^ 'John Wick 3' Loads Up for Release and 'Endgame' to Pass 'Avatar' Domestically”. Box Office Mojo (2019年5月16日). 2019年5月21日閲覧。
  10. ^ May 17-19, 2019”. Box Office Mojo. 2019年5月21日閲覧。
  11. ^ A Dog's Journey”. Rotten Tomatoes. 2019年5月21日閲覧。
  12. ^ A Dog's Journey (2019)”. Metacritic. 2019年5月21日閲覧。
  13. ^ Lionsgate Bounces Back As ‘John Wick: Chapter 3’ Fires Up $57M Series-High Opening; ‘Endgame’ Bests ‘Avatar’ With $770M+”. Deadline.com (2019年5月19日). 2019年5月21日閲覧。

外部リンク編集