メインメニューを開く

元田昌義

元田 昌義(もとだ まさよし、1946年1月5日[1] - )は、奈良県香芝市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

元田 昌義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県香芝市
生年月日 (1946-01-05) 1946年1月5日(73歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1964年
初出場 1967年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

御所工では東田正義と同期で、2年次の1962年春の選抜へ正捕手として出場。2回戦で松山商と対戦したが、山下律夫を攻略できず敗退[2]。3年次の1963年も、春の選抜に2年連続出場を果たし準々決勝に進むが、この大会に優勝した下関商池永正明投手に抑えられて敗退[2]。同年の春季近畿大会では、決勝でエース戸田善紀を擁するPL学園を降し優勝。夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、高田高に惜敗。

1964年南海ホークスへ入団。強打の選手ではあったが、入団時期が野村克也の全盛期と重なったため、一軍での出場機会はほとんどなかった。一軍ではわずか2試合出場・1安打の成績で、打率は10割であった。1969年に引退。

引退後は南海・ダイエーで二軍打撃コーチ(1970年 - 1981年, 1983年 - 1995年)、一軍打撃コーチ(1982年)を歴任。一軍での実績はなかったが、その指導力が評価され、選手からは「もっさん」と慕われた。退団後は台湾へ渡り、興農バッテリー技術顧問(1996年)、統一ヘッド兼打撃コーチ(1998年)を務めた[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 南海 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1969 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:2年 2 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000

背番号編集

  • 35 (1964年 - 1969年)
  • 64 (1970年 - 1978年)
  • 85 (1979年 - 1982年、1986年 - 1988年)
  • 73 (1983年 - 1985年、1989年 - 1995年)

脚注編集

  1. ^ http://www.obclub.or.jp/search/profile.php?id=1506 2011年8月8日閲覧
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ http://www.irumen.com/~retsu/fstuffs.html 2011年8月8日閲覧

関連項目編集