児玉九一

日本の内務官僚

児玉 九一(こだま きゅういち / くいち、1893年8月 - 1960年5月23日[1])は、日本の内務官僚県知事厚生次官中国地方総監

児玉九一
こだま きゅういち
こだま くいち
Kodama Kyuichi.jpg
生年月日 1893年8月
出生地 日本の旗 日本 山口県
没年月日 1960年5月23日
出身校 東京帝国大学法学部政治学科卒業
(現東京大学法学部)
前職 大臣官房会計課長
現職 中国地方行政事務局長
新宿御苑保存協会副会長
称号 帝都復興記念章
親族 父・児玉源太郎(内務大臣)
義父・大森鍾一(貴族院議員)
兄・兒玉秀雄(内務大臣)
義兄・中川望(貴族院議員)
義兄・池田宏(神奈川県知事)
義弟・重成格(鹿児島県知事)
義兄弟・穂積重遠(貴族院議員)
義兄弟・木戸幸一(内大臣)
義兄弟・大森佳一(貴族院議員)

広島県の旗 官選 第38代 広島県知事
在任期間 1945年10月11日 - 1945年10月27日

愛知県の旗 官選 第30代 愛知県知事
在任期間 1940年4月9日 - 1941年3月26日

福岡県の旗 官選 第31代 福岡県知事
在任期間 1939年4月17日 - 1940年4月9日

島根県の旗 官選 第33代 島根県知事
在任期間 1936年9月2日 - 1937年2月10日
テンプレートを表示

経歴編集

山口県出身。陸軍大将児玉源太郎の七男として生まれる。

1912年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。第一高等学校を経て、1919年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1918年10月、高等試験行政科試験に合格。1919年、内務省に入り地方局属となる。

以後、静岡県志太郡長、静岡県警視、内務事務官復興局事務官、内閣総理大臣秘書官鉄道省事務官、内務書記官神社局総務課長、兼造神宮使庁主事、大臣官房会計課長などを歴任。

1936年9月、島根県知事となり、以後、内務省神社局長兼造神宮副使、福岡県知事愛知県知事厚生次官東京都次長などを歴任。

1945年8月、中国地方総監・大塚惟精原爆投下により被爆死したため、その後任に就任。1945年10月11日から同月27日までの16日間、広島県知事を兼任した。同年10月31日地方総監府の廃止により失職。その後、中国地方行政事務局長[2]新宿御苑保存協会副会長などを務めた。

内務省神社局長時代は明治神宮外苑競技場の改築案(未遂)に、戦後の明治神宮外苑管理部長時代は国立競技場建設に、それぞれ周囲の景観を守るよう訴えた[3]

1960年5月23日死去。享年66。

栄典編集

親族編集

著作編集

  • 『神社行政』自治行政叢書 第1巻、常盤書房、1934年。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1960年5月24日『朝日新聞』(東京本社発行)夕刊、7面の訃報より
  2. ^ 広島原爆戦災誌”. 広島平和記念資料館 (1971年10月1日). 2018年1月14日閲覧。
  3. ^ 後藤健生:編著『国立競技場の100年:明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』ミネルヴァ書房、2013年、211頁・238頁
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。