大森鍾一

大森鍾一

大森 鍾一(おおもり しょういち、安政3年5月14日1856年6月16日) - 昭和2年(1927年3月3日)は、日本の内務官僚政治家貴族院議員枢密顧問官皇太后宮大夫男爵

目次

生涯編集

幕臣駿府与力大森直正の長男として生まれる。静岡学校、名古屋学校を経て、明治5年10月1872年11月)に林欽次塾に入り、後に中退。

1873年4月、明治政府に出仕し陸軍造兵司・一等附属となる。司法省法制局太政官を経て、1878年10月、内務省に移り四等属に任官。以後、内務権大書記官、兼戸籍局長、内務卿官房長心得、内務大臣秘書官山縣有朋大臣)、内務書記官・総務局文書課長兼勤、県治局長、兼警保局長などを歴任した。

1893年3月、長崎県知事に発令され、兵庫県知事を経て、1900年10月、内務総務長官(内務次官)に就任。1902年2月に京都府知事に転じ、1916年4月まで在任。1915年11月の大正天皇の即位の礼を大礼使参与官として担った。京都府知事在任中の1909年12月21日、貴族院議員に勅選され[1]1916年7月3日まで務める[2]

1915年12月1日、男爵を叙爵[3]。1916年6月22日、皇后宮大夫に就任し[4]1923年9月から死去するまで枢密顧問官を兼任。1926年12月、大正天皇の崩御に伴い皇太后宮大夫に就任し、在職中に死去した。

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族編集

著作・文献編集

 
大森鍾一
訳書
伝記
  • 池田宏編纂『大森鍾一』池田宏、1930年。

出典編集

  1. ^ 『官報』第7950号、明治42年12月22日。
  2. ^ 『官報』第1177号、大正5年7月4日。
  3. ^ 『官報』第1001号、大正4年12月2日。
  4. ^ 『官報』第1168号、大正5年6月23日。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 大森鍾一』 アジア歴史資料センター Ref.A06051176500 
  6. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  7. ^ 『官報』第2021号「叙任及辞令」1890年3月29日。
  8. ^ 『官報』第2341号「叙任及辞令」1891年4月23日。
  9. ^ 『官報』第3832号「叙任及辞令」1896年4月11日。
  10. ^ 『官報』第1791号「叙任及辞令」1889年6月20日。
  11. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  12. ^ 『官報』第2853号「叙任及辞令」1893年1月4日。
  13. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  15. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  18. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  19. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  20. ^ 『官報』第6850号「叙任及辞令」1906年5月3日。
  21. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。

参考文献編集

外部リンク編集