八匠 衆一(はっしょう しゅういち、1917年3月30日 - 2004年6月21日)は、昭和平成期の小説家

略歴編集

北海道旭川市生まれ。本名は松尾一光。旭川商業学校日本大学芸術学園卒。講師の伊藤整東大生だった梅崎春生と知り合う。戦時中は召集により第7師団に入隊。戦後に再上京するが、過度の飲酒ヒロポン中毒のために深夜の路上で刑事事件を起こし、札幌刑務所で服役。そこで女性看守坂東知子と知り合う。仮出所後、上川町の義兄宅に寄宿。1954年札幌伝道師となっていた知子と結婚する。

名古屋同人誌『作家』に「未決囚」を発表、1955年直木賞候補となる。1958年、再上京し「地宴」で作家賞、1982年、『生命盡きる日』で平林たい子文学賞受賞。梅崎春生とは終生親しく、『風花の道』は二人の関係を描いた小説である。

著書編集

  • 『地宴』講談社、1958 作品社、1981
  • 『生命盡きる日』作品社、1981
  • 『海潮音』作品社、1982
  • 『風花の道』作品社、1984
  • 『此処すぎて滅びの市』作品社、1991

参考文献編集

  • 日本近代文学大事典