上川町

日本の北海道上川郡の町

上川町(かみかわちょう)は、北海道上川地方中部、上川郡にある大雪山のうちの一つ黒岳への登山口には、北海道有数の温泉街である層雲峡温泉がある。大雪高原温泉の秋の紅葉は「日本一の紅葉」として知られる。ラーメン日本一の町として「上川ラーメン」にも力を入れている。

かみかわちょう ウィキデータを編集
上川町
上川町旗 上川町章
1955年7月29日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道上川総合振興局
上川郡 (石狩国)
市町村コード 01457-5
法人番号 8000020014575 ウィキデータを編集
面積 1,049.47km2
総人口 3,143[編集]
住民基本台帳人口、2024年4月30日)
人口密度 2.99人/km2
隣接自治体 上川総合振興局
旭川市士別市
美瑛町東川町当麻町愛別町
オホーツク総合振興局
北見市
紋別郡滝上町遠軽町
十勝総合振興局
河東郡上士幌町
十勝国上川郡新得町
町の木 アカエゾマツ
町の花 えぞつつじ
上川町役場
町長 西木光英
所在地 078-1753
北海道上川郡上川町南町180番地
北緯43度50分50秒 東経142度46分14秒 / 北緯43.84725度 東経142.77042度 / 43.84725; 142.77042座標: 北緯43度50分50秒 東経142度46分14秒 / 北緯43.84725度 東経142.77042度 / 43.84725; 142.77042
外部リンク 公式ウェブサイト

上川町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

町名の由来 編集

単に石狩川の上流に位置することからの和名[1]

留辺志部川が石狩川に合流する地点につくられた現市街付近はもともと「留辺志部(るべしべ)」と称され、これはアイヌ語の「ルペㇱペ(ru-pespe)」(道・下る・もの=峠道)に由来する[2]

1920年(大正9年)ごろに愛別村(→愛別町)からの分村運動が本格化し、あわせて1921年(大正10年)に留辺志部への鉄道工事が本格化するに至り、新村の名称と駅の名称が問題となった[1]

当初鉄道当局側は、1912年(大正元年)にすでに同音の留辺蘂駅が開業していたことなどから旧国名の「石狩」を冠し「石狩留辺志部」とする案を考えていたが、長すぎることや語呂の悪さから、留辺志部の住民が駅および新村の名称に意欲を燃やすこととなった[1]

1921年(大正10年)に考えられた新村の名称案としては「上川村」のほか上川郡との混同を考慮し「石上村」「清川村」「上愛別村」「旭山村」「合川村」などが考えられたが、最終的に愛別村村議会において、分村する村の新名称が「上川」となり、駅名にも採用され現在に至っている[2]

なお、しばしば「上川」はアイヌ語の「ペニウンクㇽコタン(peni-un-kur-kotan)」(川上・の・人・〔の〕村)の意訳である、とされるが、これは石狩川流域で神居古潭より上流の上川盆地に住んでいたアイヌについて、下流のアイヌの人々が「ペニウンクㇽ(peni-un-kur)」と呼んだことに由来するもので、上川郡上川地方の命名由来ではあるものの、本町の直接の命名由来ではない[2]

地理 編集

  • 北見山地石狩山地大雪山などの山岳地域にある。石狩川の最上流。
  • 山: チトカニウシ山(1446m)、ニセイカウシュッペ山(1883m)、平山(1771m)、武利岳(1876m)、武華山(1759m)、ユニ石狩岳(1756m)、音更岳(1932m)、石狩岳(1967m)、白雲岳(2230m)、北鎮岳(2244m)、愛別岳(2112m)、赤岳(2078m)、黒岳(1984m)
  • 河川: 石狩川
  • 湖沼: 大雪湖、浮島湿原

隣接している自治体 編集

気候 編集

ケッペンの気候区分によると、上川町は湿潤大陸性気候に属する。寒暖の差が大きく気温の年較差、日較差が大きい顕著な大陸性気候である。降雪量が多く、周辺の自治体と同様に特別豪雪地帯に指定されている。冬季に-25℃前後の気温が観測されることが珍しくなく、寒さが厳しい。

上川(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 8.2
(46.8)
12.9
(55.2)
14.8
(58.6)
27.1
(80.8)
33.3
(91.9)
33.7
(92.7)
34.3
(93.7)
35.1
(95.2)
31.2
(88.2)
26.3
(79.3)
19.2
(66.6)
11.7
(53.1)
35.1
(95.2)
平均最高気温 °C°F −4.3
(24.3)
−3.2
(26.2)
1.3
(34.3)
8.8
(47.8)
16.8
(62.2)
21.2
(70.2)
24.5
(76.1)
24.7
(76.5)
20.3
(68.5)
13.2
(55.8)
4.8
(40.6)
−2.1
(28.2)
10.5
(50.9)
日平均気温 °C°F −8.4
(16.9)
−7.8
(18)
−3.3
(26.1)
3.3
(37.9)
10.4
(50.7)
15.3
(59.5)
19.2
(66.6)
19.4
(66.9)
14.5
(58.1)
7.6
(45.7)
0.8
(33.4)
−5.6
(21.9)
5.4
(41.7)
平均最低気温 °C°F −13.8
(7.2)
−13.8
(7.2)
−9.0
(15.8)
−2.4
(27.7)
3.6
(38.5)
9.4
(48.9)
14.3
(57.7)
14.5
(58.1)
8.9
(48)
2.2
(36)
−3.2
(26.2)
−9.9
(14.2)
0.1
(32.2)
最低気温記録 °C°F −27.7
(−17.9)
−28.6
(−19.5)
−25.8
(−14.4)
−13.6
(7.5)
−4.9
(23.2)
−2.0
(28.4)
2.3
(36.1)
3.0
(37.4)
−1.3
(29.7)
−6.4
(20.5)
−17.7
(0.1)
−25.2
(−13.4)
−28.6
(−19.5)
降水量 mm (inch) 32.6
(1.283)
27.1
(1.067)
41.8
(1.646)
51.2
(2.016)
83.4
(3.283)
81.5
(3.209)
160.8
(6.331)
177.5
(6.988)
149.3
(5.878)
126.0
(4.961)
99.4
(3.913)
55.7
(2.193)
1,088.3
(42.846)
降雪量 cm (inch) 178
(70.1)
150
(59.1)
137
(53.9)
40
(15.7)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
4
(1.6)
104
(40.9)
203
(79.9)
816
(321.3)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 13.6 10.5 12.8 11.6 11.8 11.8 13.4 13.9 14.0 16.7 18.2 16.6 163.0
平均月間日照時間 61.7 73.2 106.9 140.5 181.1 171.8 167.2 158.0 147.2 116.8 52.6 40.4 1,417.4
出典1:気象庁
出典2:観測史上1 - 10位の値(年間を通じての値)
層雲峡(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量 mm (inch) 68.9
(2.713)
65.5
(2.579)
84.3
(3.319)
84.4
(3.323)
98.6
(3.882)
84.7
(3.335)
157.5
(6.201)
192.6
(7.583)
153.0
(6.024)
157.4
(6.197)
149.3
(5.878)
109.4
(4.307)
1,418.1
(55.831)
降雪量 cm (inch) 163
(64.2)
150
(59.1)
160
(63)
80
(31.5)
3
(1.2)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
10
(3.9)
133
(52.4)
202
(79.5)
907
(357.1)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 18.3 16.2 18.2 15.6 13.9 11.9 14.0 13.7 14.0 16.6 20.1 20.6 194.7
出典:気象庁

歴史 編集

大正10年に愛別村から分村する際、石狩川の上流であることから村名を上川と名付けた。なお、『この土地がアイヌの人々に「ペニウングルコタン」(川上の人の村)とよばれたことからついた』なる説は偶然の結果であり、「上川」の提案者本人によって否定されている[3]

行政 編集

町長
  • 佐藤 芳治

経済 編集

産業 編集

アンガス種という肉用牛の一種(別名は「大雪高原牛」)の飼育、酪農を中心とする畜産や畑作農業を中心としている。

大雪山系の森林地帯での林業や、大雪山系から湧出する豊富で冷涼な湧き水を利用したニジマスなどの淡水魚の養殖も盛んである。 特にニジマスの養殖は、近年まで年間の生産量・生産金額ともに道内一の地位を保ち続け、層雲峡温泉の宿泊施設での料理用や、甘露煮などの土産物の加工食品用などに生産されている。さらに層雲峡温泉や大雪山国立公園などの有名な観光地を抱えることから、各種観光産業も盛んである。

立地企業 編集

農協 編集

  • 上川中央農業協同組合(JA上川中央)上川支所

郵便局 編集

  • 上川郵便局(集配局)

層雲峡郵便局

宅配便 編集

公共機関 編集

警察 編集

       層雲峡駐在所

消防 編集

  • 旭川市上川消防署

       層雲峡出張所 

姉妹都市・提携都市 編集

地域 編集

人口 編集

 
上川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 上川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

上川町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


消滅集落 編集

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[5]

  • 上川町 - 字中越、字上越

教育 編集

2002年平成14年)度より、北海道立高校の北海道上川高等学校と上川町立中学校の上川中学校は、連携型中高一貫教育実施校として北海道で初めて指定されている。

交通 編集

空港 編集

鉄道 編集

バス 編集

道路 編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 編集

  • 層雲峡 - 層雲峡温泉街には層雲峡ビジターセンターなどがある。日本の滝百選にも選出されている流星の滝、銀河の滝を中心とする数多くの滝や、小函(こばこ)、大函(おおばこ)を中心とする柱状節理の岩壁などが見所となっている。冬には大氷像を製作して展示している氷瀑祭りがある。
  • 大雪山国立公園 - 標高1984メートルの黒岳(くろだけ)へは、7合目までロープウェイとリフトが通じており、そこから頂上までは徒歩で1時間前後。冬季はスキー・スノーボードを目的としたの観光客が海外からも訪れる。また、銀泉台(ぎんせんだい)を登山口とした標高2079メートルの赤岳(あかだけ)までの登山や、大雪高原温泉(たいせつこうげんおんせん)を拠点にした沼めぐりコースなども人気がある。愛山渓温泉からの登山口もある。大雪山は国の特別天然記念物(天然保護区域)にも指定されている。
  • アイスパビリオン - 国道39号線沿いにある観光スポットで、北海道における過去最低の気温である氷点下41度の世界を体験することができる。
  • 大雪展望台 - 大雪山を望む展望台。展望台の上にエスポワールの鐘が設置されており、3時間おきに鳴り響く。
  • 北海道パウダーベルトに位置し、大雪山黒岳スキー場には海外からスキーヤー・スノーボーダーが訪れる。
  • 日本一ラーメンのおいしい町」を自称し、銘菓に「日本一らぁめん饅頭」「日本一らぁめんサブレ」がある。

その他 編集

出身の有名人 編集

2013年公開の日本映画『許されざる者』のメインロケ地に選ばれ、2012年10月上旬から11月下旬にかけて町内に設営されたオープンセットでの撮影が行われた。

脚注 編集

  1. ^ a b c 都竹一衛・青野績 編『上川町史』上川町、1966年9月10日、485-486頁。doi:10.11501/3021451https://doi.org/10.11501/30214512022年11月23日閲覧 
  2. ^ a b c 山田秀三『北海道の地名』(2版)草風館、浦安市〈アイヌ語地名の研究 山田秀三著作集 別巻〉、2018年11月30日、92,101-102頁。ISBN 978-4-88323-114-0 
  3. ^ 上川町史 昭和41年9月発行 P485-486。
  4. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、132頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  5. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》』(CSV)(レポート)総務省、2017年1月27日https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files/data?fileid=000007841019&rcount=12017年5月20日閲覧 ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  6. ^ 来春のダイヤ見直しについて』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2020年12月9日。 オリジナルの2020年12月9日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20201209060401/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201209_KO_kaisei.pdf2021年1月5日閲覧 
  7. ^ 2021年3月ダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2020年12月18日。 オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20201218050637/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201218_KO_Daikai.pdf2021年1月5日閲覧 

外部リンク 編集