メインメニューを開く

公平村(こうへいむら)とは、千葉県山辺郡(のちに山武郡)にかつて存在した村である。現在の東金市の北部にあたる(一部地域は山武市に属する)。東金市立公平小学校などにその名をとどめる。

公平村
廃止日 1953年4月1日
廃止理由 新設合併
東金町丘山村正気村豊成村
公平村大和村東金町
現在の自治体 東金市 山武市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
隣接自治体 山武郡東金町、成東町
豊成村、丘山村、源村日向村
印旛郡八街町
公平村役場
所在地 千葉県山武郡公平村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

経済編集

農業
『大日本篤農家名鑑』によれば公平村の篤農家は、「石井鶴吉、石井貫一、猪野孫次郎、布留川喜三郎、遠山三平、久保田専蔵、石井傳十郎」などである[1]

出身人物編集

1898年生まれ[2]。公平村道庭出身[2]。代々名主を勤めた石橋家の長男[2]千葉県立成東中学校出身[2]1920年早稲田大学大学部法学科英法科を卒業した[2]
石橋彌の長男[2]

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』309頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』87頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月3日閲覧。
  3. ^ 『日本紳士録 第42版』千葉イ、ヰの部2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月27日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第42版』交詢社、1938年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。

関連項目編集