メインメニューを開く

内藤 忠興(ないとう ただおき)は、江戸時代前期の大名陸奥磐城平藩の第2代藩主。延岡藩内藤家宗家初代。

 
内藤忠興
Naitō Tadaoki.jpg
内藤忠興像(光明寺蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正20年2月1日1592年3月14日
死没 延宝2年10月13日1674年11月10日
戒名 高岳院殿円誉月心長山大居士
墓所 神奈川県鎌倉市の光明寺
官位 従四位下、帯刀
幕府 江戸幕府大坂城代
主君 徳川家光家綱
陸奥泉藩主→陸奥磐城平藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤政長、母:三宅康貞の娘
兄弟 忠興政次政重政晴
正室酒井家次の娘
家女か後室:小山田信茂の孫娘(養女)・天光院殿
義概、美興、遠山政亮、娘(土方雄次正室)、娘(本堂親栄正室)、娘(武田信興正室)
養子:女(堀直景室)女(諏訪忠晴室)

生涯編集

天正20年(1592年)2月1日、徳川家康の家臣(後の平藩の初代藩主)内藤政長の長男として生まれる。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣のときに父と共に安房国の留守を命じられたが、血気盛んで武勇に優れていた性格の持ち主である忠興は、兵を率いて伏見城にまで参じ、家康の側近中の側近であった本多正信に参陣を頼み込んだという。正信は家康に相談し、家康はこれを喜んで許し、井上正就配下のもとで参陣させている。

慶長20年(1615年)3月、父が1万石の加増を受けたとき、忠興も冬の陣における功績で1万石の所領を与えられた。同年の大坂夏の陣では酒井家次に従って参陣して武功を挙げ、この功により1万石を加増された。元和8年(1622年)、政長が磐城平藩7万石に移封されたとき、忠興は陸奥泉藩に2万石を領する大名となった。寛永11年(1634年)、父が死去すると家督と所領を受け継ぎ、それまでの所領であった泉は弟の内藤政晴に相続させた。

その後、忠興は藩政に力を注ぎ、新田開発や検地などの農業政策、厳格な税徴収などを行ない、平藩の石高を実質的に2万石も増加させた。寛文10年(1670年)、長男の義概に家督を譲って隠居する。

延宝2年(1674年)10月13日に死去した。享年83。

人物・逸話編集

  • 江戸在府中の忠興は国元から大根の漬物を取り寄せていたが、塩辛くない浅漬けが欲しいとか、塩辛くなくシワがあるように漬けて寄こせとかの注文をつけていたが、何度注文しても塩辛い漬物ばかりを送って寄こすので「沙汰の限り」だと怒り出してしまった。この古文書は明治大学博物館に保管されている[1]
  • 恐妻家だったといわれ、それを示す逸話がある。正室は酒井家次の娘であるが、気の強い女性であった。あるとき忠興は、正室に内緒で家中でも特に美女といわれる女性を呼び寄せた。すると正室はこれに怒って、薙刀を振りかざして忠興を追い回した[2]という。このため、以後は女性関係を慎み、藩政に関しても常に正室の意見も聞いたといわれる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木眞哉『戦国武将のゴシップ記事』PHP研究所、2009年、197-198頁。
  2. ^ 平市教育委員会刊行『郷土資料双書第一集 内藤候平藩史料 巻三』(1975年10月)24頁の「天光院逸話」。この「天光院」は、香具姫であるとの記述もある。