メインメニューを開く

内藤 政文(ないとう まさふみ)は、三河挙母藩の第6代藩主。挙母藩内藤家10代。井伊直弼の甥である。

 
内藤政文
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 文政13年6月13日1830年8月1日
死没 安政5年9月30日1858年11月5日
改名 貴之助(幼名)、顕道(初名)、清風(法号)
戒名 峻聡院殿明誉清風藍山大居士
墓所 東京都港区高輪の光台院
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
三河国挙母藩
氏族 井伊氏内藤氏
父母 父:井伊中顕、母:生駒吉雄の娘
養父:内藤政優
兄弟 政文井伊亮寿
正室:増子(寛寿院、内藤政成養女・内藤政又娘)
文成、娘(内藤政挙正室)

生涯編集

文政13年(1830年)6月13日、近江彦根藩主・井伊直中の六男・井伊中顕の三男として生まれる。嘉永4年(1851年)に叔父で挙母藩の第5代藩主である内藤政優が死去したため、その養子として家督を継ぎ、12月16日に従五位下・山城守に叙位・任官する。なお、第4代藩主の政成も同じく叔父で、当時は隠居として健在であり、また政文の正室・増子は政成の孫娘で養女であった。

嘉永5年(1852年)より馬産を奨励して産業振興を図り、安政2年(1855年)には洪水でたびたび悩まされていた安永川の修築に努めた。そのほかにもオランダ軍制や西洋医学の導入に努めて、文武の奨励を図った。政文は馬術に優れた人物で、馬場稽古所を設置して、自ら藩士を訓練したという逸話もある。

安政5年(1858年)9月30日に死去した。享年29。跡を長男の文成が継いだ。