メインメニューを開く

前沢駅

日本の岩手県奥州市にある東日本旅客鉄道の駅

前沢駅(まえさわえき)は、岩手県奥州市前沢区字三日町新裏(しんうら)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

前沢駅
駅舎
駅舎
まえさわ
Maesawa
平泉 (7.6km)
(5.2km) 陸中折居
所在地 岩手県奥州市前沢字三日町新裏77
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 459.9km(東京起点)
電報略号 マサ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
522人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1890年明治23年)11月1日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

東北新幹線開業前は急行いわて」「もりおか」などの急行列車が停車していた。

目次

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。 普通列車停車中に貨物列車を先行させる、平泉方面の臨時列車を折り返すといった事がある。

2005年平成17年)12月10日より鉄道で寸断された東西の交流を目的に進められてきた東西交流通路(愛称・ぽっぽ)と同時に新しい橋上駅舎が旧駅舎南側に完成した。駅とぽっぽに計4基のエレベーターが設置された。これによって前沢駅東側にあるイオン前沢店へ遠回りせず直接行けるようになり大幅な時間短縮となった。旧駅舎跡地は公園として整備された。

一ノ関駅管理の業務委託駅(早朝夜間駅員不在、JR東日本東北総合サービス委託)で、出札窓口(営業時間 平日6:50~16:30 土休日7:50~15:00)、自動券売機1台設置。出札窓口はかつてはみどりの窓口として営業していたが、2014年9月末で営業終了している。そのため、指定席は予め平泉駅水沢駅一ノ関駅などで購入することになった。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1 東北本線 下り 花巻盛岡方面  
2 東北本線 下り 花巻・盛岡方面 一部の列車
上り 一ノ関方面
3 東北本線 上り 一ノ関方面  

利用状況編集

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は、522人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 716 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 668 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 637 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 594 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 581 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 618 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 637 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 639 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 611 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 596 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 616 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 585 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 560 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 535 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 522 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 521 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 546 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 522 [利用客数 1]

駅周辺編集

  • 奥州市役所 前沢総合支所(旧・前沢町役場)
  • お物見公園
  • イオン前沢店
  • 前沢郵便局

バス編集

前沢駅停留所(西口)


前沢駅東口停留所

  • 奥州市衣川バス「星空号」(早池峰バス江刺営業所委託/平日のみ運行)
    • 衣里線 イオン前沢・瀬原・衣里・長者ヶ原廃寺跡・(古戸)古都の遊食方面
    • ※古都の遊食にて乗合タクシーに接続し、南股(黒滝温泉・楢原)および北股(衣川大平)方面への乗継ぎが可能。


岩手県交通利用の場合は当駅西口から徒歩数分の「前沢駅口」もしくは「三日町」バス停からとなる。

  • 前沢駅口停留所
    • 美希病院線 美希病院方面(月曜日運休)
  • 三日町停留所

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
東北本線
平泉駅 - 前沢駅 - 陸中折居駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集