メインメニューを開く

前田 佳代乃(まえだ かよの、1991年1月13日 - )は、元女子自転車競技トラックレース)選手。

前田佳代乃
Kayono Maeda
Cycling (road) pictogram.svg
2016 2017 UCI Track World Cup Apeldoorn 246.jpg
2016年
個人情報
本名 前田 佳代乃
まえだ かよの
生年月日 (1991-01-13) 1991年1月13日(28歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 165㎝[1]
体重 63㎏[1]
チーム情報
分野 トラックレース
役割 元選手
アマ所属チーム
2008-2018
兵庫県立西宮高等学校
鹿屋体育大学
京都府自転車競技連盟
グランツール最高成績
主要レース勝利

アジアジュニア選手権

500mTT 2008

日本の旗 日本選手権

500mTT 2008-2012
スプリント 2009-2018
チームスプリント 2011-2012
 
獲得メダル
トラックレース
UCIトラックワールドカップクラシックス
2012 カリ TSP
最終更新日
2018年11月7日

経歴編集

兵庫県西宮市出身。鹿屋体育大学卒業。実父の影響を受けて自転車競技に取り組むようになった[2]

兵庫県立西宮高等学校時代の2008年奈良競輪場で開催された第28回アジア自転車競技選手権大会ジュニア部門・500m個人タイムトライアル(500mTT)で優勝。また、前橋競輪場で行われた、全日本自転車競技選手権大会・500mTTでも優勝。

2009年にはジュニア世界選手権自転車競技大会(モスクワ)・500mTTにおいて、36秒111を記録し5位入賞。また、全日本自転車競技選手権大会(境川自転車競技場)では、500mTT2連覇を果たした他、個人スプリントも制し、短距離二冠を達成。

2010年は、ガールズケイリン(※注※アマチュア選手によるエキシビションレースであり、現在のプロの競輪選手によるレースとは異なる)第3、4戦優勝。そして、全日本自転車競技選手権大会(宮城県自転車競技場)で、2年連続の個人スプリント、500mTT制覇(500mTTは大会3連覇)を達成。

2011年は、全日本自転車競技選手権大会で、500mTT 4連覇、個人スプリント3連覇、新種目のチームスプリントでも石井寛子とのペアで制し、三冠を達成した。

2012年は、5月1日、ロンドンオリンピック代表選手に選出された[3][4]が、ロンドンオリンピック ・スプリントにて1/16決勝敗者復活戦で敗退。そのほか、全日本自転車競技選手権大会で、500mTT 5連覇、個人スプリント4連覇、石井寛子のペアで挑んだチームスプリントも連覇し、2年連続三冠を達成。またトラックワールドカップ・カリ大会で、石井寛子とのコンビで2位。

2013年、鹿屋体育大学を卒業。以後、京都府自転車競技連盟所属選手として活動。

2018年9月9日伊豆ベロドロームでの全日本選手権トラック種目女子スプリント決勝で太田りゆを下し10連覇を達成。その直後、現役引退を表明した[5]

現役引退後は「就職活動中」とした[6]が、日本オリンピック委員会が実施しているトップアスリートの引退後のセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」を利用し、電通の子会社である電通九州に採用され、2019年2月1日付で入社した[7]

脚注編集

外部リンク編集