加藤幹郎

かとう みきろう
加藤 幹郎
生誕 1957年(59–60歳)[要出典]
日本の旗 日本 長崎県長崎市[要出典]
出身校 筑波大学比較文化学類卒業
筑波大学院博士課程文芸・言語研究科単位取得満期退学
職業 映画批評家映画学者
肩書き 日本映画学会初代会長・顧問
京都大学教授
任期 京都大学教養部助教授(1987年)
日本映画学会初代会長(2005年 - 2012年)
京都大学大学院人間・環境学研究科教授(2006年 - )
日本映画学会顧問(2012年 - )
受賞 1986年:日本英文学会新人賞[1]
2001年:吉田秀和賞[1]

加藤 幹郎(かとう みきろう、1957年 - )は、日本映画批評家映画学者京都大学名誉教授日本映画学会初代会長(2005年 - 2012年)。

目次

経歴編集

長崎県長崎市生まれ[要出典]筑波大学比較文化学類卒業[1]。同大学院博士課程文芸・言語研究科単位取得満期退学[1]京都大学大学院人間・環境学研究科教授[1]。博士(人間・環境学)[1]。英文学者として出発[要出典]ジェイムズ・ジョイスに関する論文「Ulyssesの謎--第15挿話"Circe"を中心に」により第9回日本英文学会新人賞受賞[2][出典無効]。1986年、帝京大学専任講師に着任[1]。1987年に京都大学教養部助教授に着任[1]映画研究にシフトした[1][出典無効]。2003年、京都市長桝本頼兼より感謝状を贈られる[1]ミシガン大学客員教授[要出典]フルブライト客員研究員(カリフォルニア大学バークレー校カリフォルニア大学ロサンゼルス校ニューヨーク大学ハワイ大学マノア校)などを経て[要出典]、2006年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授[1]。日本の映画研究および関連学会のあり方を刷新すべく、2005年、中心となって日本映画学会を設立し、初代会長(2005年 - 2012年)[3][4][出典無効]、2012年からは顧問を務める[5]。2015年3月末に京都大学院教授を早期退職し、現在、京都大学名誉教授。

著書編集

単著編集

編著編集

監修編集

編集協力編集

  • 『日本映画は生きている』(全8巻編集協力、2010年 - 2011年、岩波書店)ISBN 9784000283915

訳 書編集

  • スティーヴン・ヒース『セクシュアリティ 性のテロリズム』(共訳、1988年、勁草書房)ISBN 9784326650897
  • コリン・マッケイブ『ジェイムズ・ジョイスと言語革命』(1991年、筑摩書房)ISBN 9784480831095
  • タニア・モドゥレスキー『知りすぎた女たち ヒッチコック映画とフェミニズム』(共訳、1992年、青土社ISBN 9784791752232
  • スーザン・レイ編『わたしは邪魔された ニコラス・レイ映画講義録』(共訳、みすず書房、2001年)ISBN 9784622042686

日本版編集委員編集

シンポジウム編集

  • FUTURE CINEMA─来たるべき時代の映像表現に向けて シンポジウム「意識と感覚のプロジェクション─映像表現の諸相」[6]

論文編集

  • 「加藤幹郎」の論文検索結果[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 京都大学教育研究活動データベース”. 京都大学. 2014年4月13日閲覧。
  2. ^ 日本英文学会公式サイト”. ICC Online. 2014年4月19日閲覧。
  3. ^ 映画学と映画批評、その歴史的展望――加藤幹郎インタヴュー”. ICC Online. 2014年4月19日閲覧。
  4. ^ 日本映画学会会報第1号(2006年3月号)”. ICC Online. 2014年4月19日閲覧。
  5. ^ 日本映画学会公式サイト”. ICC Online. 2014年4月19日閲覧。
  6. ^ シンポジウム「意識と感覚のプロジェクション─映像表現の諸相」”. ICC Online. 2014年4月13日閲覧。
  7. ^ 「加藤幹郎」の論文検索結果”. 論文relation. 2014年4月13日閲覧。

外部リンク編集