加藤明煕

加藤明熙から転送)

加藤 明煕(かとう あきひろ)は、近江国水口藩3代藩主。水口藩加藤家7代。

 
加藤明煕
時代 江戸時代中期
生誕 享保6年9月21日1721年11月10日
死没 明和9年10月14日1767年12月4日
改名 一学(幼名)、明煕
戒名 興真院釋宗覚
墓所 京都府京都市東山区五条坂の大谷墓地
官位 従五位下豊後守佐渡守相模守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
近江水口藩
氏族 加藤氏
父母 加藤明教松下直綱
加藤明経
松平資訓、大木氏
梅小路定福室、冷泉為栄室、
松平直行正室、幾之助、明陳明朝
明旨煕峯明堯
テンプレートを表示

生涯編集

享保6年(1721年)9月21日、分家の加藤明教の次男として江戸で生まれる。延享2年(1745年)8月21日に宗家で水口藩第4代藩主・加藤明経の養子となり、10月18日に豊後守に任官する。延享3年(1746年)、明経の死去により家督を継いで第5代藩主となった。

江戸城和田倉門番、大坂加番、勅使接待役など江戸幕府の公役を歴任した。しかし病に倒れ、晩年は養子の明堯に藩政の実権を譲った。明和4年(1767年)10月14日、江戸藩邸で死去した。享年47。跡を明堯が継いだ。

系譜編集