メインメニューを開く

加藤 治文(かとう はるぶみ、1942年昭和17年)10月3日[1] - )は、日本の医師、医学博士。専門は呼吸器外科肺癌治療。国際医療福祉大学大学院教授、東京医科大学名誉教授、新座志木中央総合病院名誉院長。これまで東京医科大学教授、東京医科大学病院副院長、国際肺癌学会会長、日本肺癌学会総会会長、国際光線力学学会会長、国際細胞学会会長、特定非営利活動法人日本レーザー医学会会長などを歴任した。

かとう はるぶみ
加藤 治文
生誕 (1942-10-03) 1942年10月3日(76歳)
岐阜県瑞浪市
出身校 東京医科大学
職業 医師、呼吸器外科医

目次

人物編集

呼吸器外科医であるとともに、早期肺癌に対する光線力学的治療PDT)の考案者、第一人者として知られる[2][3]。医学会関連の要職のほか、厚生労働省保健医療専門審査員や日本医師会禁煙推進プロジェクト委員会委員も歴任した。

加藤が開発・実践した早期肺癌に対する光線力学的治療(PDT)は早期肺癌に対する標準治療のひとつとなり、1996年(平成8年)には健康保険の適用を得ている[4]。また、加藤が診療を行っていた東京医科大学病院は、肺癌の治療において首都圏でもトップクラスの実績を示した[4]

経歴編集

岐阜県瑞浪市出身[1]

2000年(平成12年)には国際肺癌学会会長を務め、そのほか日本レーザー医学会理事長、日本外科学会理事、日本肺癌学会理事、日本癌治療学会理事国際肺癌学会理事などを歴任した。また、日本呼吸器外科学会総会や、日本肺癌学会総会などを主催した。2007年(平成19年)をもって東京医科大学教授を退任した。

主な要職編集

受賞編集

日本臨床細胞学会賞、日本気管支学会池田賞、国際細胞学会ゴールドブラット賞。その他、多数。

著書編集

メディア出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.364
  2. ^ 『これが世界のスーパードクター6!』 TBSテレビ、平成19年3月10日放送
  3. ^ http://niizashiki-hp.jp/kunpu/10/0405.pdf
  4. ^ a b 肺癌@最新リポート