メインメニューを開く

北 就勝(きた なりかつ)は、戦国時代武士毛利氏の家臣。毛利弘元の四男で、毛利元就の異母弟にあたる。

 
北就勝
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 弘治3年8月7日1557年8月30日
戒名 勝翁就心信士
墓所 安芸高田相合地区の墓石、もしくは美土里北の山林部
官位 式部少輔
主君 毛利元就
氏族 大江姓毛利氏北氏
父母 父:毛利弘元、母:有田氏の娘[1]
兄弟 毛利興元毛利元就相合元綱就勝見付元氏、宮姫(武田氏室)、八幡上(渋川義正正室)、相合大方娘(井上元光室)、松姫(吉川元経継室)、竹姫(井原元師室)
北之大方
養子:吉川元春
テンプレートを表示

生涯編集

弘元の晩年の子供として生まれた。しかし母親の身分が正室、もしくは継室付きの侍女と低く、就勝も何らかの要因で足が不自由であったため、仏門に入り常楽寺の僧侶となっていたが後に還俗[1]。毛利家臣として北氏の遺領を継ぎ、次兄である毛利元就から「就」の偏諱を与えられ、「北式部少輔就勝」と名乗った。還俗した正確な時期は不明であるが、「北式部少輔就勝」と署名している起請文の年次と毛利家文書に残る大内氏側との北の所有権を巡るやりとりから享禄3年(1530年)以前と推測出来る。

就勝には子が無かったため、元就の次男で就勝の甥にあたる元春を養子に迎えて、自らの死後に所領を譲る契約を天文13年(1544年)に行った。しかし元春は吉川興経を廃した後の吉川氏へ養子として入ることになり、北氏は就勝の代で断絶した。ただし養子縁組自体は破棄されておらず、就勝死後は元春が北を相続し、天正3年(1575年12月23日には仁保元棟(後の繁沢元氏)に就勝の先給地である上下庄北の内の百貫が相続されている[2]

なお、山口県文書館には、就勝の次男とされる毛利元忠から幕末毛利元龍へと繋がる「水戸藩毛利元龍家系」という家系図が所蔵されているが就勝の次男である筈の元忠の生年が就勝が還俗していない永正17年となっていること、後々の記載になるにつれてつじつまが合わなくなってくる事から当該史料の史実性は限りなく低いと思われる。

脚注編集

  1. ^ a b 『毛利家文書』第191号、毛利弘元氏女系譜書。
  2. ^ 閥閲録』巻5「毛利宇右衛門」第15号、天正3年12月23日付、仁保元棟宛て毛利輝元知行宛行状。

出典編集

  • 『大日本古文書家わけ第八 毛利家文書』191号、251号、252号、256号、369号。
  • 『大日本古文書家わけ第八 吉川家文書』416号、417号。
  • 萩藩閥閲録』巻5「毛利宇右衛門」
  • 『大日本古文書第十編之二十六 洞泉寺文書』p.464-465
  • 水戸藩毛利元龍家系』