メインメニューを開く

北御牧村(きたみまきむら)は、長野県北佐久郡にかつて存在した2004年4月1日小県郡東部町合併東御市となる。

きたみまきむら
北御牧村
廃止日 2004年4月1日
廃止理由 新設合併
東部町北御牧村東御市
現在の自治体 東御市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
北佐久郡
団体コード 20326-2
面積 25.75km2.
総人口 5,668
推計人口、2004年3月1日)
隣接自治体 小諸市
小県郡東部町丸子町
北佐久郡立科町望月町浅科村
村の木 ケヤキ
村の花 ヤマブキ
村の鳥
村の蝶
キジ
オオムラサキ
北御牧村役場
所在地 389-0404
長野県北佐久郡北御牧村大日向337番地
北御牧村役場(現・東御市役所北御牧支所)
外部リンク アーカイブ 北御牧村
座標 北緯36度19分54.7秒
東経138度20分45.9秒
北御牧村の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

地形編集

  • 河川:千曲川、鹿曲川、番屋川、小相沢川、舟木沢川、切久保沢川、八反田沢川、諸沢川、中村川

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 古くから馬の産地として知られ、平安時代の「信濃御牧(官牧)十六牧」の中で最も貢馬が多かったと伝えられる[1]
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、八重原村・羽毛山村・布下村・島川原村・大日向村・下之城村が合併して発足。村名は、勅旨牧(御牧)「望月の牧」の北の大半が本村地籍であったことから「北御牧村」とした[2]
  • 2004年平成16年)4月1日 - 小県郡東部町と合併して東御市が発足。同日北御牧村廃止。

友好都市編集

行政編集

  • 村長 岩下忠善

議会

  • 定数 16人
  • 議長 滝沢功

教育編集

道路編集

名所・旧跡編集

脚注編集

  1. ^ 生いたち”. 北御牧村(アーカイブ). 2017年10月15日閲覧。
  2. ^ 町村プロフィール”. 東部町・北御牧村合併協議会(アーカイブ). 2017年10月15日閲覧。

関連項目編集