メインメニューを開く

望月町(もちづきまち)は、かつて長野県北佐久郡にあった2005年平成17年)4月1日に(旧)佐久市、臼田町浅科村と合併し、(新)佐久市の一部となった[1]

もちづきまち
望月町
廃止日 2005年(平成17年)4月1日[1]
廃止理由 新設合併
佐久市、臼田町望月町浅科村佐久市[1]
現在の自治体 佐久市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
北佐久郡
団体コード 20322-0
面積 128.64km2
総人口 10,287
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 佐久市茅野市
浅科村立科町北御牧村
町の木 サカキ
町の花 ツツジ
望月町役場
所在地 384-2202
長野県北佐久郡望月町望月263
望月町役場(現・佐久市役所望月支所)
座標 北緯36度15分51.8秒
東経138度21分44.1秒
望月町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト
望月歴史民俗資料館
天来記念館

古より中山道宿場町望月宿)として発展した。主集落の望月を中心として、稲作・畑作・林業や、薬用人参の生産、酒造業などの産業が行われた。

地理編集

歴史編集

姉妹都市編集

名所・旧跡編集

施設編集

  • 望月歴史民俗資料館
  • 天来記念館
  • 望月町図書館
  • 望月町公民館
  • 望月川西座 - 1999年閉館。長野県の郡部で営業していた最後の映画館だった[2][注 1]

「望月」の姓編集

豪族望月氏の治めた地であり町名でもある「望月」だが、望月町内には望月という姓の者が一人もいなかった。(近年は外からの転入者が数名いる)[要出典]

その理由として2つがあげられる。

  • 武田氏織田氏に敗れた際に、山梨県南部や静岡県に身を隠し移り住んだ為。
  • 武田氏が織田氏に敗れた際に、身を案じて姓を変えた為。

現在は山梨県早川町は望月姓が住民の4割を占めるなど、富士川に沿って多く存在している。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1969年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e “新市誕生10周年、佐久で記念式典 功労の57人表彰”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年4月5日)
  2. ^ 「喜びも悲しみも90余年 望月町の映画館、望月川西座が閉館」朝日新聞、1999年9月15日
  3. ^ 『映画年鑑 1969年版 別冊 映画便覧 1969』時事通信社、1969年

関連項目編集