北日本マルチメディア放送

北日本マルチメディア放送株式会社(きたにほんマルチメディアほうそう)は、移動受信用地上基幹放送認定基幹放送事業者である。

北日本マルチメディア放送株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
980-0014
宮城県仙台市青葉区本町2丁目10-28 カメイ仙台グリーンシティビル
北緯38度15分51.9秒 東経140度52分36.8秒 / 北緯38.264417度 東経140.876889度 / 38.264417; 140.876889座標: 北緯38度15分51.9秒 東経140度52分36.8秒 / 北緯38.264417度 東経140.876889度 / 38.264417; 140.876889
設立 2019年7月16日
業種 情報・通信業
法人番号 1370001018714
事業内容 移動受信用地上基幹放送の番組編成
代表者 稲田一郎(代表取締役社長)
資本金 1億5千2万円(資本準備金を含む)
外部リンク https://www.i-dio.jp/corp/mmn/
テンプレートを表示

概要編集

地上アナログテレビ放送停波後のVHF-Low帯(90-108MHz)を利用するマルチメディア放送i-dioの認定基幹放送事業者である。

i-dioは6広域圏北海道の7放送対象地域でマルチメディア放送をするものだが、北日本マルチメディア放送は東北広域圏と北海道の番組編成を担当する。

i-dioの統括会社である株式会社ジャパンマルチメディア放送(旧称・BIC株式会社)、ジャパンエフエムネットワークエフエム北海道エフエム仙台が主要株主である。

2018年(平成30年)に宮城局・喜多方局が開局し宮城県福島県の各一部で、2019年(平成31年)に札幌局が開局し北海道の一部で放送を開始した。

喜多方局は喜多方市が導入した災害情報伝達システムV-ALERT[1]対応局[2]である。

しかし2019年(令和元年)にi-dioは業績不振であることが、エフエム東京TOKYO SMARTCASTに対する不正な株取引に端を発した粉飾決算により表面化し、北日本マルチメディア放送も赤字が累積。 エフエム東京はi-dioの事業継続を断念した。

2020年(令和2年)に放送を終了し、喜多方局のV-ALERT業務のみ継続している。

事業収支編集

決算公告から抜粋。

事業収支
年度 総資産 資本金 資本準備金 累積損失 当期純損失 出典
平成29年度 144,381 85,310 64,710 7,109 3,785 第9期決算公告 平成30年6月29日[3]
平成30年度 268,502 85,310 64,710 44,094 36,985 第10期決算公告 令和元年6月14日[4]
令和元年度 54,771 85,310 64,710 108,433 64,338 第11期決算公告 令和2年6月12日[5]
単位は千円

沿革編集

2009年(平成21年)

  • 10月7日 - 北日本マルチメディア放送株式会社設立[6]

2018年(平成30年)

  • 4月27日 - 東北広域圏の移動受信用地上基幹放送の業務認定を取得[7]
  • 5月1日 - 宮城局・喜多方局開局、東北広域圏での放送開始[8]

2019年(平成31年、令和元年)

  • 3月11日 - 北海道の移動受信用地上基幹放送の業務認定を取得[9]
    • 同日にVIPが札幌局の免許取得
  • 4月1日 - 札幌局開局、北海道での放送開始[10]
  • 12月25日 - ジャパンマルチメディア放送および他の認定基幹放送事業者5社と共に2020年3月31日をもってi-dioを終了[11]、但しV-ALERTは継続[12]と発表

2020年(令和2年)

  • 3月31日 - 正午に放送終了[13]

脚注編集

  1. ^ V-ALERT(i-dio) - ウェイバックマシン(2017年3月30日アーカイブ分)
  2. ^ 福島県喜多方市(i-dio -V-ALERT導入事例) - ウェイバックマシン(2020年3月1日アーカイブ分)
  3. ^ 官報平成30年7月20日号外第159号
  4. ^ 官報令和元年7月16日号外第67号
  5. ^ 官報令和2年7月3日号外第139号
  6. ^ V-Lowマルチメディア放送 - ウェイバックマシン(2013年7月7日アーカイブ分)
  7. ^ V-Lowマルチメディア放送の業務認定証と無線局免許状を交付 − 東北地方で新たな放送サービスが提供可能に −(東北総合通信局 報道資料 平成30年4月27日〉(2018年5月3日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  8. ^ 東北ブロック 本日開業 北海道・東北のFM7局のデジタルサイマル放送も開始(i-dio - NEWS 2018年5月1日) - ウェイバックマシン(2018年6月21日アーカイブ分)
  9. ^ 道内初 新しい放送サービスが開始 − 札幌市及びその周辺で4月1日放送開始 −(北海道総合通信局 報道資料 平成31年3月11日〉(2019年4月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  10. ^ 北海道ブロック 本日(4/1)開業 全国主要都市をカバー(i-dio - NEWS 2019年4月1日) - ウェイバックマシン(2019年6月20日アーカイブ分)
  11. ^ i-dio 放送終了のお知らせ(i-dio - NEWS 2019年12月25日) - ウェイバックマシン(2019年12月25日アーカイブ分)
  12. ^ i-dio 放送チャンネル終了のお知らせ(i-dio - NEWS 2019年12月25日 ) - ウェイバックマシン(2020年1月5日アーカイブ分) (PDF)
  13. ^ i-dio放送終了のお知らせ(i-dio 2020年3月31日) - ウェイバックマシン(2020年9月2日アーカイブ分)

外部リンク編集