メインメニューを開く
構内の様子

北館林荷扱所(きたたてばやしにあつかいしょ)は、群馬県館林市東武鉄道佐野線渡瀬 - 田島間にあった貨物駅廃駅)である。2003年貨物専用線が廃止され、その後は廃車車両の解体が行われている。現在の正式名称は、東武鉄道資材管理センター北館林解体所

概要編集

北館林荷扱所は1972年5月1日に開業。カルピス食品工業(後のカルピス、現・アサヒ飲料)が、当荷扱所付近の館林北部工業団地に新工場を建設することになり、製品輸送に対応するため貨物駅として新設された。

一時期はカルピスの他に、正田卯平商店、東武運輸両毛丸善の計4社の専用線があったが、1986年に両毛丸善以外の3社の専用線が廃止された。

2003年9月末日をもって、最後まで残っていた両毛丸善の石油輸送終了にともない、北館林荷扱所での貨物輸送は廃止された。

その後は渡瀬駅の構内扱いとなり、廃車車両および休車(保留)車両が留置される。

貨物営業の廃止に先立ち、2003年9月20日9月21日の2日間のみ「さようなら貨物列車記念イベントツアー」のために旅客営業を行った。この際は浅草 - 当荷扱所間で、臨時列車りょうもう」が1往復運行された[1]

歴史編集

周辺編集

廃車車両の解体編集

かつて、東武鉄道では廃車となった車両の解体は、東武動物公園駅隣接の東武鉄道杉戸工場北側にある杉戸倉庫(扱いは杉戸検車区)で行っていた。

1987年から東武3000系列の廃車が始まったが、これらは1本の編成が4 - 6両と長く、杉戸では編成単位で収容できないため、解体作業場の移転が行われることになった。解体場の移転先が決まるまでの数か月間は、東武動物公園駅構内に解体待ちの編成が留置されていた。

解体場の移転先として、両毛丸善以外の3社の貨物輸送を廃止した北館林荷扱所を使用することになり、1987年夏から北館林荷扱所での解体作業が始まった。当初は廃車体の車両輸送方法は、東武動物公園駅までは自力回送で、同駅からは電気機関車牽引により回送されていた。

1990年以降、廃車車両の機関車牽引回送は廃止となり、廃車車両は北館林荷扱所まで直接自力回送とされた。ただし、検査期限切れなどで単独走行が不能な場合は、他の車両に牽引されて回送される。

北館林荷扱所では、東武鉄道の車両では3000系列のほか、2000系・2080系1700系・1720系5700系ED5060形貨車などが解体された。2000年代に入ると、5000系列8000系1800系通勤化改造車ED5080形も解体された。

また当地では東武鉄道以外に、他社局の廃車車両も解体されている。京王電鉄小田急電鉄京成電鉄東京地下鉄01系など)、都営地下鉄10-000形10-300R形など)および都電荒川線北総鉄道7260形)、千葉ニュータウン鉄道9000形9018編成など)、そのほか地方私鉄などの廃車車両も解体されており、これらは車体のみが大型トラックで陸送されてくる。

なお、解体作業は杉戸時代から高田産業に業務委託されている。

参考文献編集

  • 東武鉄道『東武鉄道百年史』 東武鉄道、1999年
  • 花上嘉成「東武鉄道 貨物列車ものがたり3」『鉄道ファン』2004年7月号(通巻519号)、交友社、2004年[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「鉄道記録帳2003年9月」『RAIL FAN』第50巻第12号、鉄道友の会、2003年12月1日、 22頁。
  2. ^ 鉄道ファン 2004年4月号 railf.jp 鉄道ファン誌公式サイト

関連項目編集