メインメニューを開く

十和田オーディオ株式会社(とわだオーディオ、:Towada Audio Corporation)は、秋田県小坂町に本社を置く、通信機器等の製造会社である。

十和田オーディオ株式会社
Towada Audio Corporation[1]
十和田オーディオロゴ.png
本社衛星図
本社衛星図
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
017-0201
秋田県鹿角郡小坂町字大稲坪98番地[2]
設立 1974年[3]
法人番号 4410001006505
事業内容 通信機器の設計及び製造(ラジオ、トランシーバー、CCDカメラ等の製造)
代表者 伊藤 忠夫(代表取締役名誉会長)
蒲生 雅一(代表取締役社長[2]
資本金 1000万円[2]
従業員数 約160名[4]
主要子会社 株式会社十和田エンジニアリング
トワダ・ウェルデザイン
クールテクノロジーズ
トワダソーラー
香港十和田電子有限公司
東莞樟木頭山和塑皎模具厰
東莞樟洋電子有限公司
Towada Electronics Vietnam Co.,Ltd
トワダテクノ
アイワ株式会社(二代目法人)
外部リンク http://www.towada-gp.com/audio/
テンプレートを表示

目次

概要編集

ラジオ、チューナー、カメラ、チャージャーを製造している[5]地元では、「オーディオ」の愛称で親しまれている。[要出典]

ソニーの中上級ラジオの設計製造を手掛けており[6]同社製のソニーラジオの多くには、「TOWADA A」と記載されている。[要出典]2006年(平成18年)にソニー坂戸事業所が閉鎖されて以降、同社の単品ラジオを国内生産している唯一の工場となっている。[要出典]デジタルチューナーは24時間体制で製造している。[要出典]

2017年2月にアイワの商標を取得し、4月に子会社のアイワ株式会社(二代目法人)を設立しており、9月末からアイワブランドの製品を発売する予定[4][7]

なお「SONY」ブランドラジオのうち(AM専用ラジオを除いた)ワイドFM非対応の従来型機種は2018年3月限りで生産を終了し、2バンドラジオの現行モデルは全てワイドFM対応となっている。さらにワールドバンドレシーバー「ICF-SW7600GR」も2018年3月限りで生産を終了した(在庫限りとなった)ため、ソニーと十和田オーディオはワールドバンドレシーバー生産より撤退した。

十和田オーディオの製品編集

各項アルファベット順

ソニー・ラジオ編集

 
ICF-SW7600GR
  • ICF-SW7600GR[6]

過去の機種編集

 
ICF-SW77
  • ICR-N1
  • CRF-V21
  • CRF-V21A
  • ICF-302
  • ICF-380
    (日本内需版のみ)[8]
  • ICF-480V
    (日本内需版のみ)[8]
  • ICF-4900
  • ICF-4900II
  • ICF-55R
  • ICF-601
  • ICF-620R
  • ICF-65RV
  • ICF-710
  • ICF-750
  • ICF-760
  • ICF-7600
  • ICF-7600A
  • ICF-7600D
  • ICF-7600DA
  • ICF-7600DS
  • ICF-7601
  • ICF-770
  • ICF-780
  • ICF-800
  • ICF-801
  • ICF-810V
  • ICF-850V
  • ICF-860V
  • ICF-870V
  • ICF-890V
  • ICF-A55V
  • ICF-B100
  • ICF-B200
  • ICF-B50
  • ICF-CA5V
  • ICF-EX5
  • ICF-EX35
  • ICF-EX55V
  • ICF-M1
  • ICF-M11
  • ICF-M17
  • ICF-M200
  • ICF-M22V
  • ICF-M27V
  • ICF-M2V
  • ICF-M300V
  • ICF-M400V
  • ICF-M500
  • ICF-M5R
  • ICF-M701
  • ICF-M702V
  • ICF-M703
  • ICF-M750V
  • ICF-M760V
  • ICF-M7RV
  • ICF-P20
    (日本製のみ)
  • ICF-S33
  • ICF-S54V
  • ICF-S55V
  • ICF-S60
  • ICF-S65V
  • ICF-S70
  • ICF-S70SP
  • ICF-S73
  • ICF-S75
  • ICF-S75V
  • ICF-S77V
  • ICF-S78
  • ICF-SW07
  • ICF-SW1
  • ICF-SW10
  • ICF-SW100
  • ICF-SW1000T
  • ICF-SW100S
  • ICF-SW15
  • ICF-SW1S
  • ICF-SW11
    (日本製のみ)[9]
  • ICF-SW12S
  • ICF-SW20
  • ICF-SW22
  • ICF-SW23
  • ICF-SW30
  • ICF-SW33
  • ICF-SW35(JE)
  • ICF-SW40
  • ICF-SW55
  • ICF-SW600
  • ICF-SW7600
  • ICF-SW7600G
  • ICF-SW7600GS
  • ICF-SW77
  • ICF-SW800
  • ICF-SX33
  • ICF-SX3R
  • ICF-SX44R
  • ICF-SX45V
  • ICF-SX55RV
  • ICF-SX5RV
  • ICF-T510V
  • ICF-R50V
  • ICF-R40
  • ICF-T30
  • ICF-SX230RV
  • ICF-SX220R
  • ICF-SX705V
  • ICF-SX605
  • ICF-R700V
  • ICF-R500V
  • ICF-R300
  • ICF-RN900
  • ICF-N400RV
  • ICF-D700V
  • ICF-R1000V
  • ICR-3000
  • ICR-4420
  • ICR-4800
  • ICR-501
  • ICR-502
  • ICR-505
  • ICR-520
  • ICR-AX21
  • ICR-EX25
  • ICR-M05
  • ICR-N10R
  • ICR-N2
  • ICR-N20
  • ICR-N3
  • ICR-N30
  • ICR-N5
  • ICR-N55
  • ICR-N7
  • ICR-S22
  • ICR-S71
  • ICR-SW700
  • SRF-201
  • SRF-202
  • SRF-220
  • SRF-A300
  • SRF-AX15
  • SRF-AX51V
  • SRF-G8V
  • SRF-M3V
  • SRF-M900V
  • SRF-M901
  • SRF-M902V
  • SRF-M903
  • SRF-M911
  • SRF-SX905V
  • SRF-SX805
  • SRF-SX250RV
  • SRF-SX240R
  • SRF-SX100RV
  • SRF-SX90R
  • SRF-SX80RV
  • SRF-R800V
  • SRF-R600V
  • SRF-R405
  • SRF-R400
  • SRF-T610V
  • SRF-T615(JE)
  • SRF-S80
  • SRF-S84(JE)
  • SRF-S85V
  • SRF-M100
  • SRF-M95
  • SRF-M90

ソニー・トランシーバー編集

  • ICB-18H
  • ICB-31H
  • ICB-33H
  • ICB-66H
  • ICB-87H
  • ICB-87R
  • ICB-88H

アイワ向けMDプレーヤー編集

  • AM-HX300
  • AM-HX400

脚注編集

  1. ^ Towada Audio Corp: Company Profile Bloomberg
  2. ^ a b c 会社概要 十和田オーディオ株式会社
  3. ^ 沿革 十和田オーディオ株式会社
  4. ^ a b 「aiwa」復活 十和田オーディオ、ソニーから商標取得 秋田魁新報、2017年6月21日
  5. ^ 製品紹介 十和田オーディオ株式会社
  6. ^ a b BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR ラジオライフ.com
  7. ^ 「aiwaは日本で生まれた宝物」三井知則社長、9年ぶり復活の理由を語る ハフポスト、2017年6月21日
  8. ^ a b 国際版は、ソニーのマレーシア工場の製造
  9. ^ 現在では、中国の香港十和田電子有限公司の東莞工場の製造

関連項目編集