メインメニューを開く
本来の表記は「千苅ダム」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

千苅ダム(せんがりダム)は兵庫県神戸市北区にある、一級河川武庫川水系羽束川に建設されたダム

千苅ダム
千刈ダム
所在地 兵庫県神戸市北区道場町生野字大岩嶽
位置
河川 武庫川水系羽束川
ダム湖 千苅水源池
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 42.4 m
堤頂長 106.7 m
堤体積 41,000
流域面積 94.5 km²
湛水面積 112.0 ha
総貯水容量 11,717,000 m³
有効貯水容量 11,612,000 m³
利用目的 上水道
事業主体 神戸市
施工業者 神戸市
着手年/竣工年 1914年/1919年
備考 嵩上げ工事(6m)1929年 - 1931年
テンプレートを表示

概要編集

神戸市が管理する高さ42.4mの「重力式粗石モルタル積ダム」で、神戸市への上水道供給を目的とした市内最大のダムである。 堰堤は1919年大正8年)竣工で、17門のスライドゲートは日本最古。国の登録有形文化財に登録されているほか、土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」や厚生労働省の「近代水道百選」にも選定されている。このダムからは神戸水道を通じて神戸市までの送水管(水道)で結ばれており、神戸市民へ供給されている。また1967年(昭和42年)からは武庫川沿いに建設された千苅浄水場にも送水されており(画像中央の導水官は千苅浄水場への専用送水官)神戸市北区などの飲料水として供給されている。ダムによって形成された人造湖千苅水源池(せんがりすいげんち)周辺は、観光地として親しまれている。

地理編集

羽束川と波豆川がダム湖で合流しダムの2km下流で武庫川に注ぐ。ダムは神戸市北区に位置するが、ダム湖は宝塚市三田市にもおよび、ほとんどは宝塚市に属する。

沿革編集

神戸市の上水道不足を受け、布引五本松ダム立ヶ畑ダムに続いて建設された。

  • 1906年明治39年)羽束川の千苅が候補に挙がる。
  • 1909年(明治42年)建設が神戸市会を通過。
  • 1910年(明治43年)水没地区の大半を占める川辺郡西谷村(現:宝塚市)の波豆集落が反発。
  • 1911年(明治44年)神戸市が予備工事着工。
  • 1912年(明治45年)波豆集落が神戸市水道拡張対抗対抗委員を結成、堰高の半減による水没地区の縮小を神戸市に陳情
  • 1914年大正3年)神戸市が若干の堰高低減を受け入れ、着工。地権者に用地買収価格と移転料を通知、強制収用
  • 1919年(大正8年)竣工。
  • 1926年(大正15年)20の堰堤嵩上げ工事着工。
  • 1931年昭和6年)工事完了。

住宅22戸と面積23の土地が水没。その後、神戸市と村民とは和解が成立。

観光・周辺編集

その他編集

  • ダム敷地内には多くの枝垂桜などが植樹されており、春の桜開花の時期にあわせて千苅さくら祭が催され、その時期に一般開放されている。最寄駅はJR道場駅から徒歩約20分。
  • 建設当時は道場停車場(現、JR道場駅)からトロッコ軌道がダムの真下まで敷設されており、建設現場への建設資材搬入や工員の輸送に使われていた。

参考資料編集

  • 『宝塚市史』宝塚市教育委員会

関連項目編集

外部リンク編集