メインメニューを開く

千葉ジェッツふなばしネクスト

千葉ジェッツふなばしネクストChiba Jets Funabashi Next、ちば―)は千葉県船橋市を拠点とする社会人男子バスケットボールクラブチームである。千葉県クラブバスケットボール連盟所属。

千葉ジェッツふなばしネクスト
所属リーグ 日本の旗 地域リーグ
カンファレンス 関東地区A
創設年 2001年
本拠地 千葉県船橋市
チームカラー 黒、橙
代表者 菊地隆司
ヘッドコーチ 有川太郎
ユニフォーム
Kit body basketball.png
ホームのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
ホーム
Kit body basketball.png
アウェイのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

歴史編集

ピアスアローバジャーズ編集

1971年、県立安房高校バスケットボール部の在京OBが中心となり、「ピアスアローバジャーズ」として富浦町(現・南房総市)で結成される。

1975年、豊島区バスケット協会リーグに加盟。

1977年、豊島区リーグ1部昇格。

1987年から1996年まで実業団チームを招待して「さざなみスプリングカップ」を開催。1990年代には男女日本リーグに所属するチームも参加してメディアにも取り上げられた。一方日本リーグがオフになる夏季のリーグ戦ではスポットながら日本代表クラスも加入していた。

1997年、一時活動停止。

千葉バジャーズ編集

2001年4月、運営会社「(有)東京スポーツプロモーション」が設立され、千葉県に移し「千葉バジャーズ」として再開。

実業団バスケットボール連盟に加入登録し、以降県内タイトルを総なめにする。

2003年全日本実業団バスケットボール競技大会で優勝を果たす。

千葉ピアスアローバジャーズ編集

2005年さいたまブロンコスの脱退に伴い日本リーグに参戦。チーム名を「千葉ピアスアローバジャーズ」と改名。同年、下部組織を統括する特定非営利活動法人千葉バジャーズスポーツクラブも設立され、サテライトチーム及びスクールも発足。サテライトは千葉県実業団バスケットボール連盟に加盟。初年度は完全優勝で終え、2シーズン連覇を成し遂げる。

2007年発足の日本バスケットボールリーグ参入が内定していたが、最終審査の結果初年度の参入は見送られ、日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)に参加。

JBL2初年度はレギュラーシーズン1位ながらファイナルで栃木ブレックスに敗れ準優勝に終わる。

2008年4月3日、申し入れていたJBL2自主退会がJBL2臨時総会にて承認。理由は次年度の運営資金獲得の目処が立たなかったこと。「(有)東京スポーツプロモーション」は譴責として運営から撤退し、次季より千葉県実業団バスケットボール連盟に所属する。これに伴い運営は千葉バジャーズスポーツクラブに変わり、サテライトは廃止。

2009年、実業団連盟からクラブ連盟に転籍。オールジャパンの関東代表となる予定だったが、二重登録選手が3名いたため、競技者登録規定違反により取り消された。

2009-2010年のbjリーグの新規参入の申請をしていた。(その後、千葉県からは千葉ジェッツがbjリーグ加盟を果たした。)

千葉エクスドリームス編集

ドリームヴィレッジ
Dream Village
国籍   日本
格付 NPO法人
専門分野 教育系(スポーツ振興)
設立日 2005年4月4日
代表者 島田慎二(理事長)
活動地域 千葉県
主な事業 バスケットボールチーム運営
郵便番号 294-0047
事務所 千葉県船橋市西船4-24-11
西船KMCビル2F
主な協力組織 千葉ジェッツふなばし
主な加盟組織 千葉県実業団バスケットボール連盟
外部リンク http://www.dream-village.jp/
テンプレートを表示

2010年4月、チーム名を「千葉エクスドリームス(CHIBA X Dreams)」に改称。運営組織も「ドリームヴィレッジ」に改称した。

地元開催となるゆめ半島千葉国体の代表選考大会を勝ち抜き、7人が千葉県代表候補に選出される。また、チームとしてもオールジャパン出場を果たした。

2011年4月からは千葉ジェッツの運営会社である株式会社ASPEに移管され、同球団のサテライトチームとして活動する[1]。一方ドリームヴィレッジは千葉ジェッツバスケットボールスクールの指導者派遣及び公認のジュニアクラブ「ドリームジェッツ」の運営を行う。

千葉ジェッツネクスト編集

チーム名を千葉ジェッツネクストに改名[2]。2015年よりこのチーム名で活動を開始し、県クラブ選手権で優勝[3]

千葉ジェッツふなばしネクスト編集

トップチームが千葉ジェッツふなばしに改称したことから当チームも千葉ジェッツふなばしネクストに改称。

主な成績編集

監督陣と選手編集

監督陣編集

  • 監督: 菊地隆司
  • GM: 神作大介
  • ヘッドコーチ: 有川太郎
  • アシスタントコーチ: 平智子

選手編集

No. P 名前 生年 身長/体重 出身 前所属
0 G 池田裕介 1988 178/65 福岡県 江戸川大
2 SG 長田茂雄 1981 177/65 千葉県 東海大
3 PF 小山純 1988 188/95 千葉県 大東文化大
4 F 日影カイル 1988 185/83 東京都 ウィチタ州立大
5 PG 秋元啓人 1983 172/70 千葉県 日本大
6 G 家後和志 1982 177/70 日本大
8 PF 黒田裕 1983 194/97 千葉県 明治大
9 SF 井上知徳 1986 186/83 新潟県 駒澤大
11 SG 伊藤恭平 1988 176/68 千葉県 早稲田大
15 C 勝山祐樹 1981 194/100 新潟県 青山学院大
22 F 湯浅健司 1983 187/75 千葉県 早稲田大
23 F 兵後勇次 1988 185/85 三重県 大東文化大
24 SG 髙木賢伸 1983 187/80 千葉県 早稲田大
54 PG 上村健太 1982 173/68 千葉県 駒澤大

育成選手編集

No. P 名前 生年 身長/体重 出身 前所属
5 G 清野浩司 1992 178/77 北海道 船橋北高
18 G 椎名健太 1992 178/70 千葉県 我孫子高
32 G 林昌宏 1991 174/66 東京都 東京学館浦安高

過去の所属選手編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集