日本 > 関東地方 > 群馬県 > 南甘楽郡
群馬県南甘楽郡の範囲

南甘楽郡(みなみかんらぐん)は群馬県にあったである。

郡域編集

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる。

歴史編集

近世甘楽郡のうち神流川沿いの地域が分割されたもので、後に神流川の下流にあたる緑野郡と統合されたことから、事実上、郡の境界変更の役割を担う形となった。

郡発足までの沿革編集

柏木村、麻生村、青梨村、●譲原村、保美濃山村、生利村、塩沢村、船子村、相原村、魚尾村、平原村、尾附村、乙父村、乙母村、川和村、勝山村、新羽村、野栗沢村、楢原村、神ヶ原村、小平村、森戸村、黒田村、坂原村、万場村

郡発足以降の沿革編集

 
21.美原村 22.神川村 23.中里村 24.上野村(桃:藤岡市 赤:神流町 青:合併なし 1 - 10は緑野郡 11 - 14は多胡郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(4村)
    • 美原村 ← 譲原村、保美濃山村、坂原村(現・藤岡市)
    • 神川村 ← 柏木村、麻生村、生利村、万場村、塩沢村、森戸村、黒田村、小平村、船子村、相原村、青梨村(現・多野郡神流町)
    • 中里村 ← 魚尾村、神ヶ原村、尾附村、平原村[大部分](現・多野郡神流町)
    • 上野村 ← 野栗沢村、新羽村、勝山村、川和村、乙母村、乙父村、楢原村(現・多野郡上野村)
    • 平原村の一部は北甘楽郡青倉村の一部となる。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 「緑野多胡南甘楽郡役所」の管轄区域をもって多野郡が発足。同日南甘楽郡廃止。

行政編集

(緑野・多胡・南甘楽郡長は緑野郡の項を参照)

参考文献編集

関連項目編集

先代:
甘楽郡(第1次)
行政区の変遷
1878年 - 1896年
次代:
多野郡