メインメニューを開く
群馬県緑野郡の範囲

緑野郡(みどのぐん)は群馬県上野国)にあった

郡域編集

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 高崎市(阿久津町、根小屋町、木部町、山名町、新町および城山町一・二丁目の一部)
  • 藤岡市(大字上日野、下日野、譲原、保美濃山、坂原を除く)

歴史編集

近代以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 3町
32村
鮎川村、●矢場村、神田村、牛田村、鬼石村、本動堂村、中栗須村、落合新町、笛木新町、阿久津村、篠塚村、本郷村、●三波川村、立石村、立石新田、中大塚村、●浄法寺村、上大塚村、中島村、●藤岡町、●東平井村、高山村、下戸塚村、上戸塚村、根岸村、川除村、保美村、上栗須村、下栗須村、下大塚村、中村、●上落合村[1]、三ツ木村、緑野村、森新田
幕府領・旗本領 2村 小林村、●森村
藩領 上野吉井藩[2] 2村 ●木部村、金井村
上野高崎藩 1村 根小屋村
吉井藩[2]下野佐野藩 1村 ●白石村
幕府領・藩領 幕府領・下野佐野藩 3村 三本木村、岡之郷村、●西平井村[3]
幕府領・高崎藩 1村 山名村

町村制以降の沿革編集

 
1.藤岡町 2.神流村 3.新町 4.小野村 5.八幡村 6.美土里村 7.平井村 8.美九里村 9.鬼石町 10.三波川村(紫:高崎市 桃:藤岡市 11 - 14は多胡郡 21 - 24は南甘楽郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・藤岡市。(3町7村)
    • 藤岡町 ← 藤岡町、小林村
    • 神流村 ← 岡之郷村、下栗須村、下戸塚村、上戸塚村
    • 新町(新町駅が単独町制。現・高崎市)
    • 小野村 ← 中村、森村、森新田、上栗須村、中栗須村、立石村、立石新田、中島村
    • 八幡村 ← 阿久津村、根小屋村、木部村、山名村(現・高崎市)
    • 美土里村 ← 上大塚村、中大塚村、下大塚村、本動堂村、上落合村、篠塚村
    • 平井村 ← 鮎川村、東平井村、西平井村、緑野村、三ツ木村、白石村
    • 美九里村 ← 神田村、矢場村、保美村、三本木村、高山村、本郷村、牛田村、川除村、根岸村
    • 鬼石町 ← 鬼石町、浄法寺村
    • 三波川村(単独村制)
    • 金井村が多胡郡日野村の一部となる。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 「緑野多胡南甘楽郡役所」の管轄区域をもって多野郡が発足。同日緑野郡廃止。

行政編集

緑野・多胡・南甘楽郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月7日
明治29年(1896年)3月31日

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 記載は落合村。
  2. ^ a b 「旧高旧領取調帳」の記載は岩鼻県。本項では「角川日本地名大辞典」の記述による。
  3. ^ 「旧高旧領取調帳」には不明と記載されているが、「角川日本地名大辞典」の記述より比定。

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
多野郡