メインメニューを開く

南 薫造(みなみ くんぞう、1883年(明治16年)7月21日 - 1950年(昭和25年)1月6日)は、広島県賀茂郡内海町(現呉市安浦町)出身の画家

東京美術学校西洋画科出身。1907年〜1910年にかけて、イギリスで学ぶ。文展帝展新文展日展で活躍し、1932年から43年にかけては東京美術学校の教授を務めた。油画家、水彩画家として知られるが、版画の制作にも携わっていた。晩年は郷里の安浦町で暮らし、瀬戸内海を描き続けた。

目次

略歴編集

  • 1883年 広島県賀茂郡内海町(現呉市安浦町)に医師の息子として生まれる。
  • 1902年 安浦町立内海小学校を経て、広島県立第一中学(現広島国泰寺高等学校)を卒業し、東京美術学校に入学する。東京美術学校では、岡田三郎助に師事する。
  • 1905年 白馬会展に入選する。
  • 1907年 イギリスに留学、ボロー・ジョンソンについて絵を学ぶ。
  • 1909年 フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、アメリカをめぐる。
  • 1910年 帰国し、有島生馬と滞欧記念展を開催する。白馬会主催。
  • 1910年 白馬会展に水彩画9点を出品する。
  • 1910年 第四回文展で《坐せる女》が三等賞を受賞する。
  • 1911年 第五回文展で《瓦焼き》が二等賞を受賞する。
  • 1912年 第六回文展で《六月の日》が二等賞を受賞する。
  • 1913年 日本水彩画会の創立に参加する。
  • 1916年 文展の審査員を務める。
  • 1929年 帝国美術院の会員となる。
  • 1932年〜43年 東京美術学校の教授を務める。
  • 1944年7月1日 帝室技芸員となる[1]。戦時中は広島県に疎開する。
  • 1950年 再び上京することなく没。
  • 1985年 呉市安浦町に『南薫造記念館(安浦歴史民俗資料館)』が建設された。

代表作品編集

タイトル 画像 制作年 技法・素材 サイズ(cm) 所蔵先 出品展覧会 備考
自画像 1907年 東京芸術大学大学美術館
白壁の農家 1908年 油彩キャンバス 75.5x101.0 広島県立美術館
坐せる女 1908年 油彩キャンバス 112.1x83.3 広島県立美術館 第5回文展3等賞
ロンドン河畔 1908年 油彩キャンバス 73.5x91.3 広島県立美術館
スコットランド老人 1908年 油彩キャンバス 75.5x60.0 東京国立近代美術館
夕に祈る   1908年 油彩キャンバス 75.0x60.0 東京国立近代美術館
少女   1909年 油彩キャンバス 116.0x79.5 東京国立近代美術館 南薫造・有島生馬滞欧記念絵画展
六月の日   1912年 油彩キャンバス 116.5x170.0 東京国立近代美術館 第6回文展2等賞
葡萄棚下絵   1915年頃 油彩キャンバス 33.0x23.4 広島県立美術館
木影(カルカッタ)   1916年頃 油彩キャンバス 25.2x35.5 広島県立美術館
ピアノ 1921年 油彩キャンバス 103.0x83.1 広島県立美術館 平和記念東京博覧会
呉港   1926年頃 油彩キャンバス 21.8x27.1 広島県立美術館
ピアノの前の少女   1927年 油彩キャンバス 80.5x100.0 ひろしま美術館
広島大本営軍務親裁 1928年 油彩キャンバス 聖徳記念絵画館
犬吠岬 1940年 油彩キャンバス 65.4x80.3 広島県立美術館
雲の影走る 1940年 油彩キャンバス 32.0x52.0 京都市美術館
高原の村の朝   1941年 油彩キャンバス 73.0x90.5 ひろしま美術館
  1947年 油彩キャンバス 呉市立美術館
鉄道開業式行幸の図(新橋駅 不詳 油彩キャンバス 150.0x108.3 宮内庁[2]
鉄道開業式(横浜駅 不詳 油彩キャンバス 150.0x108.3 宮内庁[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5239号、昭和19年7月3日。
  2. ^ a b 岡部昌幸監修 『明治神宮鎮座八十年記念展 輝かしき明治の美』 産経新聞社、2000年、第62.63図。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、南薫造に関するカテゴリがあります。