メインメニューを開く

南 Q太(みなみ きゅうた、1969年1月13日[1] - )は、日本漫画家島根県雲南市出身[2]。女性[1]

経歴編集

1990年アフタヌーン四季賞にて佳作入選[1]1992年、『YOUNG HIP』誌(ワニマガジン社)の巻末連載「あそびにいこうよ」で漫画家として本格的に活動を開始する。1994年、『週刊ヤングジャンプ』新人賞に佳作入選。

2003年、「ゆらゆら」など3作品がBS-iのテレビドラマ『恋する日曜日』においてドラマ化される。2005年、『さよならみどりちゃん』が映画化され公開される[3]

現在は3度の結婚を経て子供5人を抱える[4]

作品リスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、363頁
  2. ^ internet YOU 南Q太参考。
  3. ^ さよならみどりちゃん 原作について参考。
  4. ^ (南Q太)感想~子どもは5人!ステップファミリーの怒涛の日常~”. manga-mokuroku.net (2018年11月23日). 2019年10月27日閲覧。
  5. ^ ひらけ駒!returnが2巻で終わったのは、1巻の売り上げが悪かったためです。”. twitter.com. 2019年10月31日閲覧。

外部リンク編集