メインメニューを開く

雲南市

日本の島根県の市

雲南市(うんなんし)は、島根県の東部に位置するである。

うんなんし
雲南市
斐伊川堤防桜並木(2009年3月28日撮影)
斐伊川堤防桜並木(2009年3月28日撮影)
Flag of Unnann Shimane.JPG Symbol of Unnan Shimane.svg
雲南市旗 雲南市章
2004年11月1日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
団体コード 32209-1
法人番号 1000020322091
面積 553.18km2
総人口 37,012[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 66.9人/km2
隣接自治体 出雲市松江市安来市飯石郡飯南町仁多郡奥出雲町
広島県庄原市
市の木 いちょう
市の花 さくら
雲南市役所
市長 速水雄一
所在地 699-1392
島根県雲南市木次町里方521番地1
北緯35度18分27.79秒東経132度54分1.08秒座標: 北緯35度18分27.79秒 東経132度54分1.08秒
Unnann city hall.JPG
外部リンク 雲南市役所

雲南市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
加茂岩倉遺跡:埋納状況が屋外に復元されている
龍頭八重滝のうちのひとつ、紅葉滝

目次

概要編集

2004年平成16年)11月1日に、大原郡大東町加茂町木次町飯石郡三刀屋町掛合町吉田村の6町村が新設合併して誕生した。

島根県で唯一に面していない内陸の市である(中海を海とした場合)。中華人民共和国雲南省と同名であるが、当市名は令制国出雲国南部に位置することに由来する。市の人口は、全国の市町村で第587位である[1]

地理編集

雲南市は、島根県の東部に位置し、松江市出雲市等に隣接し、南部は広島県に接している。 総面積は553.4km2で島根県の総面積の8.3%を占め、その大半が林野である[2]

地形編集

市の南部は毛無山(1,062m)を頂点に中国山地に至り、北部は出雲平野に続いていることから、市の南北で標高差が大きい。市内には、斐伊川本流と支流の赤川・三刀屋川・久野川、その他の支流である阿用川、吉田川などが流れている。加茂町から大東町、木次町、三刀屋町にかけて、斐伊川と赤川、三刀屋川の合流地点を中心とした平野部が広がっているが、吉田町、掛合町では中国山地に至る広範な山間部を形成している[2]

気候 編集

北部と南部とで標高差があるため、北部の平均気温は14℃前後であるが、南部では12℃から13℃と平均気温にして2℃程度の差が生じる。年間降水量は約1,700mmから1,900mm程度で、冬季には北部でも降雪があり、南部や大東町、木次町の山間部等では降霜や積雪により農作物や交通へ影響が生ずることもある[3]

隣接している自治体編集

島根県

広島県

歴史編集

沿革編集

行政編集

  • 市長:速水雄一(はやみ ゆういち、2004年11月28日就任、4期目)
  • 市の日 11月1日

庁舎編集

市役所編集

  • 本庁舎 - 政策企画部、総務部、市民環境部、健康福祉部、子ども政策局、産業振興部、建設部、会計課、議会事務局、農業委員会、教育委員会 (〒699-1392 雲南市木次町里方521番地1)
  • 里方分庁舎 - 総務部情報システム課、市民環境部国土調査課、教育委員会文化財課 (〒699-1311 雲南市木次町里方952番地5)
  • 水道局 - 水道局、上下水道部 (〒699-1333 雲南市木次町下熊谷1107番地)

総合センター編集

  • 大東総合センター - 自治振興課、市民福祉課(〒699-1251 雲南市大東町大東1673番地1)
  • 加茂総合センター - 自治振興課、市民福祉課 (〒699-1334 雲南市加茂町加茂中972番地5)
  • 木次総合センター - 自治振興課、市民福祉課 (〒699-1106 雲南市木次町新市379番地)
  • 三刀屋総合センター - 自治振興課、市民福祉課 (〒690-2404 雲南市三刀屋町三刀屋144番地1)
  • 吉田総合センター - 自治振興課、市民福祉課 (〒690-2801 雲南市吉田町吉田1066番地)
  • 掛合総合センター - 自治振興課、市民福祉課 (〒690-2701 雲南市掛合町掛合1262番地1)

市議会編集

  • 雲南市議会 (〒699-1392 雲南市木次町里方521番地1)

経済編集

産業編集

  • 主な産業
  • 産業人口 16,045人
※平成13年現在

商業施設編集

ショッピングセンター
スーパーマーケット
コンビニエンスストア
家電量販店
ホームセンター
ドラッグストア

主要企業編集

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

人口編集

 
雲南市と全国の年齢別人口分布(2005年) 雲南市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 雲南市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
雲南市(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

健康編集

  • 人口
    • 総人口 44,124人
    • 男性  21,243人
    • 女性  22,881人
※2009年1月末現在の情報
  • 世帯数
    • 13,648戸
※2009年1月末現在の情報

教育編集

小学校編集

市立

中学校編集

市立

  • 大東中学校(旧大東町)校区は、大東小学校、佐世小学校、阿用小学校、西小学校の通学区域となっている。
  • 海潮中学校(同上)校区は、海潮小学校の通学区域となっている。
  • 加茂中学校(旧加茂町)校区は、加茂小学校の通学区域となっている。
  • 木次中学校(旧木次町)校区は、木次小学校、寺領小学校、西日登小学校、斐伊小学校の通学区域となっている。
  • 三刀屋中学校(旧三刀屋町)校区は、三刀屋小学校、鍋山小学校の通学区域となっている。
  • 吉田中学校(旧吉田村)校区は、吉田小学校、田井小学校の通学区域となっている。
  • 掛合中学校(旧掛合町)校区は、掛合小学校の通学区域となっている。

高等学校編集

県立

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

高速道路編集

国道編集

県道編集


道の駅編集

バス路線編集

高速バス
一般路線バス

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

特産品編集

雲南市を舞台とした作品編集

  • 曲「吹奏楽のための『青雲』」 (母里由美子六子作曲)
  • 映画『うん、何?』(2008年)
  • ドラマMR.BRAIN第6話(2009年6月27日)

その他編集

  • 吉田村の山林の大部分である6500haは、日本三大山林王の一人、田部家(代々、当主は田部長右衛門を名乗る)の所有で、戦国時代以来近世まで製鉄で財を成した。
  • 雲南市発足に参加した町村の一つである大原郡木次町は一時期大原郡雲南木次町と称していた時期があった(1955年1957年)。「雲南」という地名を用いた自治体はそれ以来になる。

電話番号編集

市外局番は、大東・加茂・木次・三刀屋地区が0854(40~59) 、掛合・吉田地区が0854(60~79) となっている。但し、天気予報は0852-177である。(市外局番0854の地域が島根県東部と西部に複数存在するため。)

  • 0854エリア
    • 木次営業所管轄(40,42)
    • 出雲大東電話交換所管轄(43)
    • 三刀屋電話交換所管轄(45)
    • 大東下久野電話交換所管轄(47)
    • 温泉電話交換所管轄(48)
    • 加茂電話交換所管轄(49)
    • 掛合電話交換所管轄(62)
    • 波多電話交換所管轄(64)
    • 吉田電話交換所管轄(74)
    • 田井電話交換所管轄(75)

郵便番号編集

郵便番号は以下の通りとなっている。2006年10月16日2016年3月7日の再編に伴い、変更された。

市職員による活動編集

雲南市役所バドミントン部編集

地元大東高校のOB職員を中心に活動する。インターハイや国体経験者から初心者まで幅広いレベルの選手で構成される。 練習には職員以外も参加可能で地域のスポーツ活動の一助を担っている。 市役所対抗の大会等では常に好成績を残す。

雲南市役所ソフトボール部編集

雲南市役所トロンボーン4重奏団 トロンボイジャー編集

    • グループ名の由来
      楽器の名前のトロンボーンと海を渡る航海士の意味や昔の宇宙船などの名前にもなったボイジャーこの2つをたしてトロンボイジャーというグループ名がついた。
    • 主な活動
      • 地元のイベントへの出演 など...
    • 大会結果
      • 第31回(2007年度)全日本アンサンブルコンテスト中国大会 職場の部:金賞
      • 第31回(2007年度)全日本アンサンブルコンテスト島根県大会 職場の部:金賞および県代表
      • 第30回(2006年度)全日本アンサンブルコンテスト中国大会 職場の部:出場(結果不明)
      • 第30回(2006年度)全日本アンサンブルコンテスト島根県大会 職場の部:金賞および県代表 など...

雲南市役所ソフトテニス部編集

構成メンバーは中高経験者から初心者まで様々。 斐伊川河川敷公園テニスコートを活動拠点にしており、練習には職員以外も参加可能。平成23年には第4回中国地方市町村職員ソフトテニス大会に出場した。(8チーム中7位)


脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集