厚田雄春

日本の映画カメラマン

厚田 雄春(あつた ゆうはる、1905年1月1日 - 1992年12月7日)は、日本映画カメラマン小津安二郎組の名カメラマンとして知られる。

あつた ゆうはる
厚田 雄春
生年月日 (1905-01-01) 1905年1月1日
没年月日 (1992-12-07) 1992年12月7日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
職業 撮影監督
ジャンル 映画

目次

経歴編集

兵庫県神戸市出身。旧制海城中学校(現・海城高等学校)卒業。1922年、松竹に入社する。1928年、小津安二郎監督作品『若人の夢』で撮影助手を担当する。1937年の『淑女は何を忘れたか』から1962年の『秋刀魚の味』まで、松竹配給の全小津作品の撮影監督を担当した。1972年、松竹を退社して独立する。

フィルモグラフィー編集

撮影作品編集

  • 淑女は何を忘れたか(1937年)
  • 家庭日記(1938年)
  • 子供の四季 春夏の巻(1939年)
  • 子供の四季 秋冬の巻(1939年)
  • 桑の実は紅い(1939年)
  • 私には夫がある(1940年)
  • 信子(1940年)
  • ともだち(1940年)
  • 戸田家の兄妹(1941年)
  • まごころの歌(1941年)
  • 君よ共に歌わん(1941年)
  • 父ありき(1942年)
  • すみだ川(1942年)
  • 女生徒と教師(1946年)
  • 鍵を握る女(1946年)
  • 許された一夜(1946年)
  • 長屋紳士録(1947年)
  • 二連銃の鬼(1947年)
  • 新婚リーグ戦(1947年)
  • 旅装(1948年)
  • 風の中の牝雞(1948年)
  • 君待てども(1949年)
  • 別れのタンゴ(1949年)
  • 晩春(1949年)
  • 思い出のボレロ(1950年)
  • 恋愛教室(1950年)
  • 接吻第一号(1950年)
  • 女性三重奏(1950年)
  • 奥様に御用心(1950年)
  • 乾杯!若旦那(1951年)
  • 我が家は楽し(1951年)
  • 天明太郎(1951年)
  • 麦秋(1951年)
  • あの丘越えて(1951年)
  • 陽気な渡り鳥(1952年)
  • 早春二重奏(1952年)
  • お茶漬の味(1952年)
  • リンゴ園の少女(1952年)
  • 夢見る人々(1953年)
  • 姉妹(1953年)
  • ひばりの陽気な天使(1953年)
  • 東京物語(1953年)
  • 蛮から社員(1954年)
  • 青春ロマンスシート 青空に坐す(1954年)
  • 君に誓いし(1954年)
  • 大学は出たけれど(1955年)
  • 続おとこ大学 新婚教室(1955年)
  • 娘船頭さん(1955年)
  • 早春(1956年)
  • ここに幸あり 前篇 誘惑の都(1956年)
  • ここに幸あり 後篇 花咲く朝(1956年)
  • 晴れた日に(1956年)
  • 黒い河(1956年)
  • あなた買います(1956年)
  • 東京暮色(1957年)
  • 東京踊り(1957年)
  • 若い広場(1958年)
  • 彼岸花(1958年)
  • 眼の壁(1958年)
  • 春を待つ人々(1959年)
  • お早よう(1959年)
  • 危険旅行(1959年)
  • 若い素顔(1959年)
  • 明日への盛装(1959年)
  • 朱の花粉(1960年)
  • いろはにほへと(1960年)
  • 秋日和(1960年)
  • 河口(1961年)
  • 千客万来(1962年)
  • 愛染かつら(1962年)
  • 秋刀魚の味(1962年)
  • 咲子さんちょっと(1963年)
  • あの人はいま(1963年)
  • 結婚式・結婚式(1963年)
  • 残菊物語(1963年)
  • 渚を駆ける女(1964年)
  • 明日の夢があふれてる(1964年)
  • 若い野ばら(1965年)
  • 涙の連絡船(1966年)
  • 横堀川(1966年)
  • 純情二重奏(1967年)

出演作品編集

著作編集

受賞歴・栄典編集

脚注編集

  1. ^ 17th(1962年)”. 毎日映画コンクール. 2015年9月15日閲覧。
  2. ^ 第16回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2015年9月15日閲覧。

外部リンク編集